美女の誕生-あらすじ全話!最終回

韓国ドラマ-美女の誕生-あらすじ全話!最終回
美女の誕生

韓国ドラマ-美女の誕生-あらすじ全話の最終回の
ネタバレです!
生放送のテレビで全てを打ち明けたサラ…
すごい勇気ですよね…
でもこれでサラを整形をネタに脅すことはできない…
そして、公表したことでチェヨンは危機に…
ガンジュンもチェヨンに恨みを募らせ殺害宣言をしましたが…
そして、2人で協力して生きようと強く約束したサラとテヒ。
2人はハッピーエンド???
さぁ、いよいよ韓国ドラマ-美女の誕生の最終回です!!
ではお楽しみください♪

【スポンサード リンク】

 

韓国ドラマ-美女の誕生-あらすじ

~最終回~

チェヨンは、テレビ番組を降板になった。

番組でのサラの告白を褒めたたえる母ヨオクと友人ギョンジュ。

そんななか、テヒは祖母パク女史に会う。
そして20年前爆発現場で拾ったという腕時計を見せた。
その腕時計にはイニシャルが入っているが、持ち主はわかっていない。

キム理事と挨拶を交わしたテヒ。
キム理事の声が電話で聞いた声に似ていると感じる。

携帯電話の持ち主がキム理事だと判明し驚愕のテヒ。

一方、サラはテヒの部屋の指輪を見つけ、テヒの決意を知った。
結婚しましょうか?と問うサラ。
テヒは、サラを抱きしめ結婚しようと言った。

そんななか、ガンジュンがテヒに取引を伝える。
ガンジュンは、サラを自由にするその代りに偽造パスポートを要求した。
だが、ガンジュンは取引を済ませテヒを殺す企みだった。

次にガンジュンはミニョクにも取引を持ち掛ける。
テヒを呼び出す代わりに、自分を海外で暮らせるようにしてほしいというものだ。
それを受け入れたミニョク。

一方、ミニョクがキム理事にテヒを始末しろ!と指示をする。
ガンジュンがサラをネタにテヒをおびき出す
そこで20年前のように科学工場の爆発を再現するのだという。

そんななか、テヒはキム理事に20年前の爆発事故で拾った腕時計を見せる。
幼かったが声は覚えていると言うテヒ。
爆発はソン・ジスクの指示だったのだろう?とテヒはキム理事を追及する。
認めることのないキム理事。

そんななか、ミニョクの母ソン秘書からもテヒを殺すよう懇願されるキム理事。
テヒを殺して息子ミニョクを代表理事にしてほしいという。

キム理事は、ミニョクとソン秘書の身勝手さを感じる。
母親が認知症を患いパク女史に世話になっているキム理事は、悩みだす。

一方、チェヨンがサラに不満をぶちまける。
サラは嘘をついていたのに不公平だというのだ。
自分の犯した過ちを認めないチェヨンを非難するサラ。

そんななか、ガンジュンの偽造パスポートを届けるテヒ。
そしてテヒは離婚届にサインをさせた。
ガンジュンは、これはミニョクの計画だと不敵に笑いながら立ち去った。
すぐに男たちに襲われるテヒ。
しかしテヒは、警察を呼んで用意周到に準備をしていた。

サラは、テヒからの手紙をパク女史に届けた。
”連絡が取れなくなった場合は警察に連絡を。
工場の爆発事故はキム理事の仕業”
手紙を読んで驚愕のパク女史。

そんなパク女史のもとにキム理事がやって来る。
テヒが危険です!と言う。

一方、会社でテヒは20年前の爆発事故の事実を明らかにした。
愛する人のために俺は死ねない!とミニョクに伝えるテヒ。

そこに現れたキム理事。
警察も一緒だった。
全て終わったと悟るミニョク。

ソン・ジスクは、20年前の工場爆発の容疑で逮捕された。
一方ミニョクは殺人示唆の容疑で逮捕に至った。

その後、テヒがウィナーグループの代表理事に決定した。

一方、逃亡するガンジュン。
テヒは、ガンジュンに渡した偽造パスポートにGPSを付けていた。

テヒとサラは、ガンジュンを追い詰めていく。
テヒまでを殺そうとしたことは許さない。
ガンジュンが逮捕されてこそ全てが終わる…

逃亡するガンジュンは、警察によって逮捕に至った。
サラは、ガンジュンがグムランを殺そうとした証拠映像をチェヨンが持っていると伝えた。

パク女史は、サラに会って感謝を伝える。
そして、孫に嫁ができることをとても喜んだ。

一方、チェヨンはグムランが生きていたことによって法的責任からは逃れることが
できた。

数々の陰謀を乗り越えたテヒとサラの愛は実を結び、幸せな結婚を迎えたのだった。

~完~

サラとテヒの強い愛…
2人は結果的にガンジュン、チェヨンへの復讐という
元々の目的も果たせましたね。
ハッピーエンドに終わりよかったです。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-美女の誕生-全話一覧はこちら
 

【スポンサード リンク】

 

美女の誕生最終回


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ