大丈夫、愛だ-あらすじ全話!4話

韓国ドラマ-大丈夫、愛だ-あらすじ全話!4話
大丈夫、愛だ

韓国ドラマ-大丈夫、愛だ-あらすじ全話の4話の
ネタバレです!
危なく家から追い出されそうになったジェヨンでしたが
そもそもが、家の持ち主はジェヨンだ!
カフェのオーナーもジェヨンだってことにみんな驚き!!
でも、それでも、周りを責めることはしないジェヨンは
きついところはあるけど、優しい人なんだろうなぁって印象が。
ジェヨンの兄ジェボムの精神状態も気になるけど、ジェヨンが
抱える障害は脅迫神経症…それは、強迫性障害って呼ばれることの方が
一般的らしいですが、不安な気持ちが勝手に頭を巡り、抑えられないことや
不安や不快な事を打ち消そうとして無意味な行為を何度も繰り返してしまうこと
らしいです。
几帳面な性格の人や潔癖症な人なんかに多い障害らしいですが、ジェヨンは
そんなタイプに見えますよね~。
そして…ヘスの心の傷にグイグイはいっていこうとするジェヨン…
ではお楽しみください♪

【スポンサード リンク】

 

韓国ドラマ-大丈夫、愛だ-あらすじ

~第4話~

突然ヘスにキスをしたジョエル。
ジョエルは30回ひっぱたかれたことがあると話していた。
じゃあこれが31回目だと言ってヘスはジョエルをひっぱたいた。

ジョエルは、恋愛の進め方をヘスに語る。
次に恋愛をするならば、計画など立てずただ感じることだと伝授するジョエル。
飲み過ぎて吐きそうなヘス。
ジョエルがロビーにあるトイレへと運んでいると、傷だらけのガンウが現れた。
酔って帰ることのできないヘスは、ジョエルの自宅に泊まることにした。
監視するため、携帯電話の録画機能を作動させた。

公園で待たせていたガンウのもとに向かうジョエル。
病院代だとお金を投げ渡す。
ガンウは、ジョエルにすがり付くのだが、ジョエルは冷たく突き放した。
だが、本当はガンウの事が心配なジョエル。
友人テヨンに連絡を入れ、ガンウの世話を頼んだ。
ガンウの様子を見に公園に戻ったジョエルだったが、ガンウの姿は無く
渡したお金もそこにそのままあった。

翌朝目覚めたヘスは、こっそり逃げるようにジョエルの自宅を後にした。
だが携帯電話を忘れて行く。(ヘスの携帯電話の待ち受けになっている男性が気になります。)

帰らなかったヘスを心配していたスグァン。
何だかドンミンとヘスは嬉しそう。
スグァンが勤めるカフェにやって来たジョエルに、スグァンはヘスに何をした?と攻めよった。
ジョエルは悪びれることなく、一緒に酒を飲みキスをしたら一発殴られたと答えた。

荷物を取りに現れたチェ・ホにジョエルは
昨晩ヘスが自宅に泊まったことをわざと話したりして
自分とヘスは仲がいい風にアピールをした。

ここで登場する不良女子高生オ・ソニョ(イ・ソンギョン)。
勝手にシェアハウスへと入って行く。

一方、服役中であるジョエルの兄ジェボムにカウンセリングするドンミン。
少しづつ打ち解けてきている。
ドンミンは催眠剤であるアミタール注射の話をする。
アミタール注射をすると真実を知ることが出来るという。
ジェボムは、母と弟にアミタール注射を打ってやりたいと呟く。

ドンミンの計らいで、ジェボムの母親が面会に来ることになった。
母は、会ってくれたジェボムに感謝するのだった。

一方、病院で患者を診ているヘス。
自分が患者に掛ける言葉が全て昨夜のジョエルの言葉に重なってしまう。
そんななか、ヘスはジョエルに忘れ物の携帯電話をラジオ局まで取りに来るよう言われた。
ヘスが向かうと、ジョエルの人気者ぶりを目の当たりにして驚いてしまう。
ラジオブースからヘスを見つけ、じっと見つめるジョエル。
ヘスは知らないうちにジョエルに魅了されてきたようだ。
だがそこへドンミンから電話が来る。
ドンミンはジョエルがヘスに脱感治療法をすると言っていたと伝える。
昨日のキスの事だ!我を取り戻すヘス。

そんななか、ヘスに声を掛けてきた男性とヘスがとても仲が良さそうである。
ヘスの携帯電話の待ち受けの男性だった。
どんな関係なのだろうか…

ヘスが取って来た自分の携帯電話で昨夜の映像を確認してみる。
ヘスを抱きかかえ優しくベッドまで運んでくれているジョエルが映っている。
ジョエルはヘスの寝顔を見つめていた。
そしてジョエルはトイレで寝たようだった。

一方、ドンミンが謎の不良少女ソニョのカウンセリングをヘスに頼んだ。
だがヘスは断固拒否した。

そんななか、ドンミンに刑務所から連絡がある。服
役中のジェボムが泣いているという。
チェ・ホに運転してもらいドンミンは刑務所へ急いだ。

一方、ジョエルはガンウからの連絡に急いで足を運んだ。
ガンウは母親に襲いかかる父親を殴ったのだという。
ジョエルはそんなガンウを強く抱きしめた。
それは父親を殴ったのではなく、父親の暴力を止めただけだと言葉を掛けるジョエル。

また一方、ジェボムはドンミンに話し出した。
弟が、継父を殺すところを見たのだと。
母親もそれを目撃したはずなのに、自分の公判で証言してくれなかったのだという。
そのせいで自分は有罪になってしまったと言い
自分が出所したら母と弟にアミタール注射をしてくださいとジェボムはドンミンに懇願した。

そんななか、ジョエルはガンウを連れ立ってガンウの片想いの相手の家に向かう。
ジョエルはガンウに代わって想いを伝えてあげた。
大喜びで楽しそうに帰って行く二人。
だが、現実にはジョエル一人の姿である…
もしやガンウはジョエルに見える幻なのか、過去の自分なのだろうか…

 

【スポンサード リンク】

 
大丈夫、愛だ-全話一覧はこちら
 

【スポンサード リンク】

 

大丈夫、愛だ3話   大丈夫、愛だ5話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ