ドクター異邦人-あらすじ全話!1話とキャスト

韓国ドラマ-ドクター異邦人-あらすじ全話!1話
ドクター異邦人

韓国ドラマ-ドクター異邦人-あらすじ全話の1話の
ネタバレです!
今回の韓国ドラマは久しぶりのメディカルドラマです!!
最近は刑事ものが多かったですのですね~…
たまには、メディカルものを…笑
小学生のフンという主人公が父とともに北朝鮮に渡り
その後、医者の卵に成長したフン。
脱北を果たした天才医師として、国家の陰謀まで絡めた内容の
サスペンス要素濃い目の韓国ドラマだそうですよ…
今までとは一味違う韓国ドラマ-ドクター異邦人…期待できそう!
視聴率は平均11.7%。最高視聴率14.0%といいところいってますよね!
ではお楽しみください♪

【スポンサード リンク】

 

韓国ドラマ-ドクター異邦人-概要

1994年のソウル。
医者である父とともに北朝鮮に渡った小学生のフン。
政治的混乱で、アメリカが北に攻撃をしかけてくるかも
しれない…という中、心臓病を患った国家指導者の命を救う事を
命じられた父。
手術はなんとか成功したのですが、そのまま北に滞在することに
なったフンは医者の卵に成長し、恋人のジェヒとともに
韓国への亡命を試みるも途中で離れ離れになってしまうんです。
2年の月日が経ち…
韓国で医学の道に進むフンはある日大学病院で
ジェヒにソックリな女性と出会うのですが…

◆主なキャスト◆

役名 本名 説明
パク・フン イ・ジョンソク 天才胸部外科医
ハン・スンヒ
ソン・ジェヒ
チン・セヨン 麻酔医
パク・フンの初恋相手
ハン・ジェジュン パク・ヘジン ミョンウ大学病院胸部外科新任科長
オ・スヒョン オ・スヒョン 胸部外科医でミョンウ大学病院理事長の庶子
オ・ジュンギュ チョン・グクファン オ・スヒョンの父でミョンウ医療財団理事長

ドクター異邦人-あらすじ

~第1話~

時は1994年、ソウルである。
国会議員であるチャン・ソクチュ(チョン・ホジン)は、韓国で最高の腕を持つ
心臓医パク・チョル(キム・サンジュン)のもとを訪ね、
心臓病を患い、重体である北朝鮮の最高指導者、金日成の手術を願い出る。

ソクチュは、金日成が死ぬことにでもなれば、米軍が攻撃しだし全面戦争になる
可能性があるという。
戦争に勝ったとしても、原子力発電所が攻撃され、韓国では広範囲にわたり人が
住めなくなるだろうと分析の結果が伝えられた。

パク・チョルは、息子と共に北朝鮮へ行くことを決めた。

そして、パク・チョルは金日成の心臓手術に成功する。
それによって、戦争の危機は逃れた。

ところが裏で、ソクチェはパク・チョルとその息子を殺すよう命じていた。
人民軍は、彼らを殺すことはせず、北朝鮮で暮らすように命じた。
パク・チョルと息子パク・フンは、北朝鮮人民として生きる。

時が流れ、パク・チョルは北朝鮮の医師、息子フンは医大生になった。
フンは、北朝鮮に来てから知り合った幼なじみのソン・ジェヒと交際していた。
プロポーズの指輪も渡していたそんななか、ジェヒは父親と共に人民軍に連れて
行かれるという事態になっている。

ジェヒは、連行される前にフンに会いに来て、忘れないでとキスを交わした。
ジェヒと父親は、政治犯収容所に連行された。

連行されるジェヒを助けようとしたパク・フン。
そのため、フンは強制的に外部から隔離された研究室で研究員として人体実験のような
手術などを行う医者とされてしまった。

5年後…
停電の中でも心臓手術を無事に成し遂げるほどの天才医師になっているフン。
フンはあれからも恋人ジェヒを探し続けていた。
そんなフンに父親チョルは、もうジェヒを探すのをやめろと忠告する。

そんななか、研究所のフンのもとにジェヒと父親が運ばれて来た。
ジェヒの内臓は痛んでいた。
フンは、ジェヒの腎臓を父親に移植するよう命じられる。
ジェヒの父親は、娘を助けてほしいと懇願した。
5年の間、無謀な移植手術や未検証の人工血管を使用した手術をさせられてきたフン。
ジェヒの父親の言葉にフンは、父親の腎臓をジェヒに移植した。
フンのジェヒに対する深いの想いを知るチョルだった。

その手術は海外から来た見学者が見ていた。
フンは、その腕前にブタペストへ行くことを命じられる。
これは、フンとの脱北の機会を願う父親チョルの計らいで、海外の見学者とは
チョルの知り合いだった。

脱北すれば、父親チョルが生きていられないことを知るフンは、ブタペスト行きを
拒んだ。
拒む理由がわかるチョルは、足手まといにならないようにとわざと危険区域に
侵入し、人民軍からの銃撃を受けるのだったが…

 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-ドクター異邦人-全話一覧はこちら
 

【スポンサード リンク】

 

ドクター異邦人2~3話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ