花郎-あらすじ全話!19話~最終回

韓国ドラマ-花郎-あらすじ全話!19話~最終回
花郎

韓国ドラマ-花郎-あらすじ全話の19話~最終回のネタバレです!

【スポンサード リンク】

 
サムメクチョンがついに王となる決意をしました
ジソはそんな中、自分が殺される悪夢を見ます
ジソは自分が失脚する危機を感じ始めていました。

一方で、ジソがアロを利用してソヌを誘き出し
追手にソヌを殺させようとしたところ
放たれた矢はアロに命中してしまいました。

そんな中王宮へと入ってきたサムメクチョンは
臣下達の前で私が新羅の王だと宣言しました。

いよいよ花郎もクライマックスを迎えます
アロは無事なのか、サムメクチョンは王位を取り戻す事が出来るのか
ではお楽しみください♪

韓国ドラマ-花郎-あらすじ

~第19話~

矢を受けてしまったアロですが、アンジ公が治療をしてくれたおかげで何とか一命を取り留めました。

一方ジソはサムメクチョンに対し、お前は再び隠れて暮らすのだと命じます
しかしサムメクチョンはその命令に反抗し、自分が新しい新羅を築いていくと言い返しました。

ソヌはその頃、母親についてフィギョン公から話を聞いていました
ソヌを賎民の村へと送還した理由をフィギョン公は語ります
そして、お前以上の強者は王宮には存在しなく、民の心がわかる者もお前以上の存在はいないのだ
と言い、王位にはお前が就くのだと促します。

一方でサムメクチョンの命に従い、王女はソヌを助けました
しかし王女はジソから責められ、私の命令が王命だと叫び、ジソは倒れてしまいます
側近がいれていた茶には、実は長年毒が入れられていてジソの体は既に危険な状態だったのです
そしてヨンシルは、側近からジソの状態に関して報告を受けていました。

ヨンシルの計画は、王宮にサムメクチョンが戻った時点で狂ったのです
ヨンシルは玉座に座り、王を替えるとサムメクチョンに言い放ちます
ソヌにサムメクチョンの意識を向け、その隙をついて有利に事が運ぶ道を探るつもりでいるのです。

サムメクチョンは、自分が臣下を従える事すらも出来ずショックを受けてしまいます
そこに王女がやってきて、ソヌを私のものにしたいから、私と兄の婚礼をやめさせてくれと訴えました。

その後ヨンシルはソヌとフィギョン公に接触して、ソヌを王にする事に手を貸してやると言います
ところがソヌは、それは私が決める事だ…あなたは私が必要なようだからなと言い返しました。

一方サムメクチョンはジソから、ソヌは実はフィギョン公の子供だ
お前と玉座争いをする相手なのだと教わり、驚きました
そしてサムメクチョンはソヌを王宮に呼び出します。

ソヌは空いた王座を見ていましたが、その瞬間サムメクチョンがソヌの首元に刀を突きつけます
「あの椅子にお前は座りたいのか」とサムメクチョンは言い
ソヌも刀をサムメクチョンに向け
お前はあの椅子の主人が自分だと思っているのか?と言いました…。
 

【スポンサード リンク】

 

~最終回~

ソヌはサムメクチョンに対し、「お前は俺の唯一の友の仇だ…しかし俺は、お前が王ではない事を願っていた…」と言います
サムメクチョンはそれを聞いて刀を捨て、「俺を切ってそれで終わるのなら切れ…しかし、また権力を持つ者が現れ、同じ事を繰り返すだろう」とサムメクチョンは言います。

ソヌはその言葉の後、サムメクチョンのブレスレットを切りました
そして、お互い進む道が違う、だからこれで終わりだと告げます
次に会った時は敵同士なのかと問うサムメクチョンでしたが…。

一方でスホは、ジソの側近が毒を茶に入れている所を目撃します
ジソに茶を飲む事をやめるように言いますが、ジソはそれを聞きません
ジソは茶に毒が入っている事を知っていたのです
吐血をしながらも、医者を呼ぶことは許さないとジソは言います。

そんな中サムメクチョンは人質として、アロを王宮に閉じ込めました
更にそこからサムメクチョンは、花郎達を掌握するつもりで集め
私が見たお前達は弱い。だが私はこれからお前達を強い花郎へと変えると言い放ったのです
しかしその場にソヌが現れ、花郎は自由であり、王をうけいれるかは花郎が決めると言い返しました。

その後、茶の事に関してスホから報告を受けたサムメクチョンは、側近を殺す事を命じます
そしてジソに何故茶を飲み続けたのかを問うとジソは
守りたい者があるから、運命を生きるのだと答えました
サムメクチョンはこの時初めて、母であるジソの思いを知りました。

そしてサムメクチョンが王の座を譲位される日を迎えた時
ヨンシルがソヌを王とすると言い出したのです
そこにソヌが花郎達を連れやってきて、その直後ソヌは「王に忠誠を示すのだ!真興王万歳!」と叫びました
そしてヨンシルに刀を向け、王の命を狙ったお前は代価を払うべきだと言います。

実はソヌとサムメクチョンが刀を向けあったあの時
ソヌはサムメクチョンに「俺が妨害する者を排除すれば、理想の国をお前が作る事が出来るのか?」と聞いていたのです
そんなソヌを失望させぬ為に、新羅を必ず変えるとサムメクチョンは誓いました。

一方でジソは毒に体を侵され、倒れてしまいました
アンジ公は内診し、ジソが既に長くないと知ります
ジソはアンジ公に対し、話がある…と手を掴みましたが、アンジ公は振り解きその場を去ろうとします
ところが去ろうとするアンジ公をスホが制止し、ジソの最期をアンジ公は見届ける事となりました…。

事は落ち着き、サムメクチョンはアロへ手紙を書いて送りました
お前を閉じ込めたのはお前を守る為だったのだと謝り、ソヌの元へ行くのだとアロに命じます。

そして時が経ち…パンリュとスヨンは、隠れてスヨンの家で会っていました
パンリュの家はヨンシルのせいで落ちぶれていたのです
スヨンの父は当然反対するだろうと言い、二人は落ち込んでいました
ところがそこにスヨンの父がやってきて…!

一方で、アロは多易書で再び小遣いを稼いでいました
ソヌはサムメクチョンを助けて仕事をし、アロは寂しがっていました
そんな中、久しぶりにアロの元へソヌが帰ってきます
ソヌはついにアロにプロポーズをして、二人はキスをしました…。

ソヌとサムメクチョンが刀を向け合って一時はどうなる事かと思いましたが
二人ともここまで助け合ったりして過ごしてきただけありますね
とても良い形でハッピーエンドを迎えました。

ジソは最後の最後に母としてサムメクチョンに接しましたね
サムメクチョンはどんな気持ちだったのでしょうか…

そしてアロとソヌも無事に結ばれたようで何よりです!
パンリュとスヨンの関係も、上手くいきそうですね!

最初の内はチームワークのカケラもないような花郎のメンバーでしたが
少しずつ協調性が出始めてきたのも良かったです

ストーリーが作り込まれていて、話が進むにつれてどんどん惹かれていく感じで
素晴らしいお話でした!
 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-花郎-全話一覧はこちら

花郎16~18話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ