花郎-あらすじ全話!7~9話

韓国ドラマ-花郎-あらすじ全話!7~9話
花郎

韓国ドラマ-花郎-あらすじ全話の7~9話のネタバレです!

【スポンサード リンク】

 
賭博師に捕まったサムメクチョンとソヌですが
二人は力を合わせ、なんとか脱出する事が出来ました。

そして花郎達の共同生活がスタートし
部屋はくじ引きで割り当てられる事になります
ところがそれぞれ個性が強く、喧嘩をしたりと中々まとまりません。

特にソヌは感情的になり、規則を破ったりもしてしまいました
そして風月主から難しい課題を出され、ソヌは頭を抱えます
そんなソヌを心配したアロは、彼を助けようと花郎の医者になりました。

一緒に文字を習う事となり、そこにサムメクチョンも入りましたが…。

ここからどう展開されていくのか…
ではお楽しみください♪

韓国ドラマ-花郎-あらすじ

~第7話~

花郎達の試験の日がついにやってきました
殆どの人が不合格となりますが、サムメクチョンとソヌはなんと口頭で回答します。

しかし、ソヌは教材を基にしていないといった理由で不合格にされてしまいます
ところが風月主は試験後、ソヌの回答が頭に残っていました
風月主は、非凡な考えを持っているソヌに対する評価が上がっていたのです。

その後、ソヌはアロの母親の忌日について疑問を持っていました
それはどんな日なのかと、花郎達に相談を持ちかけます
花郎達は、一度家に帰ったほうがいいと助言をしますが、夜間は外出を禁止されています
そこでヨウルは気を利かせ、風月主に一口飲んだだけで眠ってしまうほど強い酒を差し入れました
花郎達はそれを知り、堂々と出かける事になったのです。

サムメクチョンは王宮に戻り、ジソの許可を得る事もなく玉座に座りました
しかしジソがすぐにやってきて、お前がそこにいる力があると思っているのかと言います
サムメクチョンはそれに対し、今は力がありませんが、自分で歩かなければ王にはなれない
だから花郎として力を身につけてみせます…と答えました。

一方で、ソヌはアロの待つ家に帰りました
アロは母の忌日を、兄であるソヌと一緒に居れた事を喜びます
そしてアロは母の思い出を語りましたが、ソヌはそこで大きな失敗を犯してしまいます
それは、アロの母が口をきけないという事実を知らなかったのです
アロは、その事に違和感を抱きました。

~第8話~

兄が母の事を知らないなんておかしい…
アロは徐々に不安な気持ちになっていきました
ソヌがもしかしたら兄ではないのでは、と…
そして二人は一度離れます。

サムメクチョンはブレスレットを取り戻したい気持ちがあり
脱衣場で偶然にもそれを拾う事になります
それはソヌが落としたものであり、このブレスレットを売ってくれと彼は頼みましたが
ソヌは断り、ブレスレットを手放そうとしませんでした。

最初の内はまとまりもなく、争ってばかりの一同でしたが
最近では徐々に打ち解け、協調性も出てくるようになりました
それを見た風月主は、手ごたえを感じていました。

一方アロは、ソヌの育ての親であるウルクを呼び出しました
兄は会いたがっていたでしょうか、とウルクに質問をしますが…。

そんな事態を知らないソヌは、庭に咲いていた菊をアロに渡そうとしていました
そしてアロは菊を受け取りましたが、その直後にアロはソヌに言い放ちました
「あなたは兄じゃない。一体誰なの?」と…。
 

【スポンサード リンク】

 

~第9話~

アロの質問に対しソヌは正直に、俺は本当の兄ではないと答えました
そしてアロは、じゃあお兄さんはどうなったのかと問い詰めますが
事実を知り、ショックを受けてしまいました
ソヌは、マンムンが望んだ事だからお前の兄として俺は生きていくと伝えますが
アロは何も言い返せず、その場を立ち去ってしまいます…。

サムメクチョンは泣いているアロを見て心配していました
慰めの言葉をアロにかけようとしますが
上手くいかずにサムメクチョンはその場を去ります…。

一方でパンリュは頭を悩ませていました
そんな中、アロがスヨンからの手紙を持ってきます
パンリュは手紙を読んで、スヨンが花郎の公演を楽しみにしているという事を知ります
スヨンの手紙がパンリュを和ませてくれますが
それとは逆に、そうであるほどパンリュの悩みは更に深くなっていくのでした…。

その頃、スンミョン王女は散歩をしていました
そこにたまたまソヌがやってきて毒蛇に襲われそうになっていた王女を助けます
王女は、毒蛇を殺さなかったソヌに何故だと問い詰めましたが
ソヌは、毒を持って生まれた事がそんなに悪いのか?お前が気をつければいいんだと返します
その言葉に王女はハッとし、王女もまた自分の生まれた境遇に悩まされていたのです。

そして公演当日になり、花郎達が集まる中パンリュの姿が見えません
パンリュは父から公演を失敗させるよう命じられていて
一体どうすればいいのかと頭を悩ませていたのです。

その頃サムメクチョンは、ジソの元へ向かいました
サムメクチョンとジソが会話している様子をアロが聞いてしまい
アロはサムメクチョンが王だという事実を知ってしまいます。

そしてアロはジソの護衛により、意識を失います
ジソは護衛から報告を受け、アロが実はアンジ公の娘だと知って怒りを露にします
そんな中、花郎達はボロボロに壊された楽器を見つけますが…。

アロは複雑な心境でしょうね
ソヌが兄じゃないと知り、ショックでもあり安心した面もあります
それはアロがソヌを異性として意識し始めている気持ちがあるところからですね…。

さて、ようやく協調性が出てきたメンバーですが
その中で楽器が壊されていて、また問題が出てきそうです。

アロは捕まってしまいましたが、果たして無事に解放されるのでしょうか…。
 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-花郎-全話一覧はこちら

←花郎4~6話   花郎10~12話→


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ