秘密の扉-あらすじ全話!3話

韓国ドラマ-秘密の扉-あらすじ全話!3話
秘密の扉

韓国ドラマ-秘密の扉-あらすじ全話の3話の
ネタバレです!
フンボクが亡くなってしまいましたね…
そのことで、大勢が大騒ぎ。
ソンはとても悲しそうで、フンボクの無念の真相を突き止める覚悟ですね。
自殺として、報告されてしまったことに納得いかず…
ではお楽しみください♪

【スポンサード リンク】

 

韓国ドラマ-秘密の扉-あらすじ

~第3話~

フンボクの死に関してホン・ゲヒの報告を受け驚愕のソン。

ソンは、死んだフンボクの肺に水がなかったということは溺死ではないのではないかと攻め寄る。
ホン・ゲヒ自身もフンボクの頚椎が折れていたことを確認したといった。
それならば殺されてから遺棄されたことを考える必要があるだろうというソンに
ホン・ゲヒは、水落する前に即死していたことも考えららえると答えた。

特検でも断定できなかったのだが、証言を含めて結論を出したというホン・ゲヒ。

フンボクが日の高いうちから酒を飲んでいたという証言や、ウィルンに向かっていたのを見たという証言があったという。
そしてフンボクは、墓守の世子や主上殿下に呪いを浴びせていたという奇行があったという。
ソンは、それは全て事実だったのかと問う。
ホン・ゲヒは、その通りだと答えた。

そこに伝教が届く。
逆賊シン・フンボクの首をさらし、家族は官碑にし北三道に送るというものだった。

伝教が会議中に届くことは異例なことだという少論派。
老論派もざわつき、平然としているキム・テクの様子にパク・ムンスが憤り隠せない。

ホン・ボンハンが処決を促す。
ソンは、一度皆下がるよういった。
だが、処決を求める声がやむことはない。

一度下がってくれといっているのです!とソンが声を荒げる。

一方、ジダムはこれは操作されている!確かに見たのにこんな嘘がある?
ジダムと親しくしている妓桜の女主人で情報通のウンシムに話す。
私が騙したわけじゃないでしょ?どうして私にいうの?とウンシム。

従事官ミン・ウソプは、竹を割ったような性格の人だと勧めたのはウンシムだったのだ。
ウンシムはこれ以上やめなさいと釘を刺した。

ジダムは、その言葉はありがたいという。
だが、父ソ・ギュンも頭目ナ・チョルジュも何もするなというけどこのざまは何?と自分が証拠を探すと怒って出て行った。

一方、従事官ミン・ウソプも様子がおかしかったホン・ゲヒに話をしていた。
ホン・ゲヒは、あの匿名の情報こそ操作だったと反論する。

従事官ミン・ウソプは、一寸の疑いがある以上は全ての捜査をしてから結論を出すよう伝えた。

ソンは、報告書とフンボクが遺した手紙を見ると、フンボクが逆賊とされていることに怒りが湧く。
フンボクが殺されたというだけでも恨めしいことを逆賊だと?

英祖に会いに出向いたソンは、再捜査することを伝える。
もう終わったことだ!特検にホン・ゲヒを任命したのはおまえだ!と英祖。

フンボクは王室を誹謗するような理由のない子だ!というソンに、英祖はなぜわかるのか?と問う。

ソンは、フンボクは私の友人ですといった。

その言葉に英祖は怒り、画員ごときが世継ぎの友人だというのか!と怒鳴る。
だがすぐに心をおさめ、友人が死んだのならそのくらいの誠意を見せなければなといった。

ソンは、大殿から出ると別監(雑用をする役人)に水標橋に行くことを告げた。

何だと?!激高したキム・テクが英祖のもとへ駆け付けた。
再捜査にでもなったら猛穀を守る事ができるのかと聞く。
守るのはこの主人だと肩をたたく英祖。

おいっ!イ・ゴム!と英祖を名前で呼ぶキム・テク。
30年前のあの日から自分たちは運命共同体であることを忘れたか!

ちょっとちょっとキム・テク。
おまえの目には私がまだあの時の小部屋で怯えているヨニングン、クムに見えるのか?
今目の前にいる私は朝鮮の至尊であるぞ!30年経っても区別がつかないようだな!と英祖が言い放つ。

我々が死ねばおまえも死ぬというキム・テクに、情を持って一度は見逃すが二度は無い!
再びそのような言葉つかいでごたくを並べたら貴様の舌を抜いてやるぞと英祖。

一方、隠れ家にて。
仕切っているミン・ベクサンのもとへ盟主のキム・テクがやって来てこれからが戦争だと伝える。

英祖が側近である尚膳キム・ソンイクと話す。
今回は再捜査をキム・テクとともにすべきだというキム・ソンイク。

どうしてそなたは私がキム・テクと違う意見だと思うのか?
私はキム・テクを敵だとは思っていない。
世子の師匠としているのだよと英祖がいう。

一方、ジダムが水標橋で貰冊牌を見付けた。
その帰途でソンの馬に轢かれそうになるジダム。

ホン・ゲヒは再捜査になったことを聞いて驚いている。
そしてキム・テクに宛てた手紙をピョン・ジョンインに渡した。

そんななか、ソンは別監いわゆる雑用をする役人に指示し、フンボクの事件の目撃者と貰冊(貸本)、貰冊牌を探させた。

貰冊牌がここにあるってことは貰冊はどこに?とジダム。

貰冊を持っているのはソンの教育係パク・ムンスだった。

ソンの言い付けによってチャン内宮が芙蓉亭の瓦に隠した貰冊筒に手紙を入れた。
目撃者は事件当日の配達員である可能性が高いとみたのだった。

妓桜の女主人ウンシムが手紙を見て、世子ソンがジダムに会いたがっていることを知った。
驚くウンシム。

ソンのもとへやって来たパク・ムンスが、再捜査はよいことなのだろうかと問う。
ソンは、自分が感情的に動いているのではなくフンボクの事件には疑わしいことがたくさんあるといった。
フンボクは他殺されその後遺棄されたと考えているというソン。

それが正しければホン・ゲヒの捜査が全て嘘だったということになる。
ホン・ゲヒが欺いたとでも?と問うパク・ムンス。

ソンは、ホン・ゲヒが操作に介入しているのではないかというのが自分の考えだといった。

もしもシン・フンボクが逆徒でないのならフンボクを逆徒に仕立てた者たちが逆徒だというパク・ムンス。
ホン・ゲヒまでも操作に介入したのなら考えるよりもはるかに強い者たちだと懸念する。

ソンは、罪のない民を殺してまでも逆徒の汚名を被せた者たちを必ずや追跡して罪を問うと強い意志をパク・ムンスに伝えた。

ソンを煽る様子のパク・ムンスのことが耳に入ると英祖が声を荒げた。
パク・ムンスは猛毅が現れたことを知っているに違いない…呟く英祖。

一方、キム・テクもパク・ムンスの情報を耳にしていた。
猛毅のことを知っているからこその言動だと憤る。
いったい誰が教えたのか!

すぐに調べようとするミン・ベクサンに、別のことがあると指示を出すキム・テク。

そんななか、左捕庁に乗り込んだソン。
再捜査のためホン・ゲヒから資料を押収しようとする。

従事官ミン・ウソプも呼ばれることになる。
機会が来たものと喜んでいるミン・ウソプ。

だが、ミン・ウソプのもとへやって来た家の者から父が危篤だと告げられる。
急いで帰宅するミン・ウソプ。
帰宅したウソプだったが、父ミン・ベクサンは危篤ではなかった。
父ミン・ベクサンは、事件の重要な資料を手にしていた。
なぜ父上が?他の記録と一緒に東宮殿に渡さなくてはならないものを…
まさか父上が?とミン・ウソプが問う。

父ミン・ベクサンは、、これからシン・フンボクの事件からは手を引くよう告げる。
それとも父を告発でもするつもりか?好きにしていいが、その前におまえの手で父の命を斬るがいいと父ミン・ベクサンは、短剣をウソプに差し出した。

一方、ソンはホン・ゲヒを呼ぶと不安ではないか?と聞いた。
なぜ私が?とホン・ゲヒ。
自信満々だな…持っているものがあったら今出すほうがいい。
捜査は十分だったといえるか?と告げるソン。

ホン・ゲヒは、もちろん最善を尽くした結果で確信があるという。

そんなホン・ゲヒにソンはいった。
シン・フンボクの親友である画師ホ・ジョンウンは、フンボクが王室を誹謗するようなところを聞いたことが無いと陳述した。
こんなときはホ・ジョンウンから具体的な陳述をとるのが基本ではないのか?
こんな不実な捜査が確実なものといえるのか?

中途半端な確信は誤判につながり、その誤判は無実の民を犠牲にすることだというソン。
誤判よりも恐ろしいことなのがわかるか?
答えを探すことをあなたの役割に残すといい残し去って行くソン。

一方、図画署のフンボクがいた宿舎で貰冊(貸本)を探しているジダム。
ジダムは、ある画員にフンボクの親友が誰かと尋ねた。

ホ・ジョンウンだと教えられ、なぜジョンウンを探しているのかと聞かれたジダムは、ウンシムが探していると嘘をいった。
その言葉に画員が芙蓉亭のチュヌォルとのことがばれてしまったのか?と慌てた。
逆に驚いてしまうジダム。

芙蓉亭では、ウンシムのもとでチュヌォルが泣いている。
まさにチュヌォルはジョンウンとのことで泣いているのだった。

そんななか、棺に入れられるフンボクとソンの姿を見て左捕庁から去るジョンウン。

ホン・ゲヒがキム・テクのもとを訪れる。
キム・テクは、ソンが左捕庁に乗り込んだ件に対策を立てるよう指示を出す。
なぜ私が?というホン・ゲヒに、同じ船に乗りかかった者同士だというキム・テク。

ホン・ゲヒは、取引は一度だけだったはずだ、やるべきことはやったという。

純粋が純粋の振りをしているのか?とキム・テク。

上疏文いわゆる事情や意見が書かれた書状を目の前に、ホン・ゲヒはいった。
この文章の出どころは殿下だというのですか?
違ったのならこれが政丞宅の書庫にあると思うか?とキム・テク。

一方、パク・ムンスが帰宅すると英祖が碁を一局やろうと待っていた。
パク・ムンスは、殿下に碁で勝つつもりはないと断った。

最後まで行けると思っているのか?
ここでやめておけ。
死んだ者の死体を御井に沈めて警告すれば十分だろうと英祖がいう。

パク・ムンスは、今からでも遅くはないとその手で歴史を正すよう懇願する。

10年前に猛毅をなくすよういった真意をわからずこのようなことをするのか?と憤る英祖。

世継ぎに真実を知らせることを促すパク・ムンス。
運が良ければキム・テクは冥土の道案内にできるでしょうという。

怒りを露わに碁石をひっくり返す英祖。

パク・ムンスは、英祖に今の考えを聞いた。

権力とは刃物だという英祖。
かかってくるものがいれば区別なく斬ってしまう危険なものだという。
これ以上世継ぎを刺激してはならない、でなければ戦争になる。
弟子を戦争に追いやりたいとでもいうのか?耐えられないのならここで折りたたむことだ!と言い放ち英祖は立ち去った。

一方、ソンはフンボクの事件の目撃者がいないことに肩を落としている。
図画署の画員たちに貰冊房(貸本屋)の似顔絵を描かせるソン。

そんななか、貰冊牌と名簿を見て悩むジダム。
差し出さなくてはいけないと悩むジダムに、父ソ・ギュンは父の首も差し出すのか?
名簿を差し出してしまえばここが終わりになるという。

左捕庁の従事官ピョン・ジョンインにジダムを捕まえるよう指示していたホン・ゲヒだったが
どうにもならない状況に貰冊房(貸本屋)に取り締まりをしてジダムを捕まえようとしている。

芙蓉亭では、ジダムが狙われている情報を得ていた。

ジダムに、チュヌォルが泣きながらジョンウンがいっていたことを話す。
ジダムは、思い返す。
フンボクの死は自殺ではなく、次は自分の番だといっていたジョンウン。

そんななか、ジダムの地下工房に左捕庁が乗り込んできた。
急いで知らせるジダム。
そのような時のため、工房は壁を裏返す仕掛けになっており書庫にすることができる。
裏に職人たちが隠れる。

ピョン・ジョンインが工房で隠し扉を見付けると突入した。
だがそこにいたのはジダムの父ソ・ギュンのみだった。

貰冊房(貸本屋)だとの通報があったという。
ピョン・ジョンインが、ここには娘が一人いるそうだな?と問うがソ・ギュンはしらを切ろうとする。
そんなソ・ギュンの顔を机に押し付けるピョン・ジョンイン。

ソ・ギュンは領相に便りを出せば自分が何者かがわかるという。
正直に正体を言え!と凄むピョン・ジョンイン。

自分は冊契いわゆる本売りで都の権力者からの注文を受けて取り寄せた本などがたくさんあり
地下の収蔵庫で盗賊に合わないようにしているというソ・ギュン。

貰冊房(貸本屋)ではなく冊契(本売り)だと?とピョン・ジョンインは、調べればわかることだと捜査をはじめた。

壁を調べられている中、必死で壁を押すジダムと職人たち。
準備していた偽の娘が、おとうさーんこれ何ー?と上からやって来た。
何でもないよと答えるソ・ギュン。

偽の娘を見て騙され、貰冊房(貸本屋)であったのなら自分の手で
死ぬことになるだろうと言葉を残しピョン・ジョンインは撤退していく。

一方、ソンが芙蓉亭に足を運んだ。
どちら様ですか?とウンシム。
礼を尽くせ世子邸下であられるぞとチャン内宮がいう。

貰冊筒が無いのを見ると今日も無事におさめていったのだなというソンに、何をいっているのか…とウンシムがとぼける。
話が長くなりそうだと中へ入るソン。

ソンがジダムの似顔絵を見せた。
わかるか?とソン。
知りませんと答えるウンシム。

芙蓉亭を出るとため息をつくソン。
何か知っていそうなのだがというソンに自分が残って監視すると提案する別監カン・ピルジェ。
ソンは一任する。

ウンシムが、やって来たホン・ゲヒに帰ってくれと伝える。
貰冊房(貸本屋)の娘について知ってることはないか?とホン・ゲヒ。

邸下にもした話をもう一度いわなければならないのかとウンシムが憤る。
するとホン・ゲヒは今日自分はここへ来ていないことにするよう脅す。
もしも東宮殿に話が行けばおまえの舌は私の手の中だという。

ホン・ゲヒがカン・ピルジェに探索はどうなった?と問う。
探索?とカン・ピルジェ。

そんななか、ソ・ギュンとナ・チョルジュが話す。
おまえが出て来なくてよかったというソ・ギュン。
無事でよかったとナ・チョルジュがいうと、しばらくジダムをかくまうよう願い出るソ・ギュン。

お父さん!とやって来たジダムに、おまえも出ようとしてはいけない!わかったか?というソ・ギュン。
わかったと答えたジダムだが、拗ねた様子で外へ出て行く。

ウンシムがやって来てこの前(偽の娘役)はどうだったかと聞く。
うまくいったと答えるソ・ギュンは、最近の子はたいしたもんだと褒めた。

問題はジダムだと話すウンシムに、悔しくも死んだ被害者と遺族のために
真実を明かすのが何の問題があるのか?ジダムに問題はない!
問題があるのであれば娘を守れないこの父と真実に興味を持たない世の中だ!とソ・ギュン。

一方、押収した資料を調べているソンと側近チェ・ジェゴン。

ジダムはナ・チョルジュとともに隠れ家に向かう。
画員ホ・ジョンウンを心配するジダムに、自分のことを心配しろというナ・チョルジュ。

『死が死を呼んではいけない』私が新たに書いた序文なの、かっこいい?
主人公クァンムンは勇敢で正義感に富んでいるというジダムが、自分は隠れて卑怯だと嘆く。

一方、貰冊房(貸本屋)を取り締まって再捜査の妨害を考えたのでは?とホン・ゲヒに問うソン。
そしてジダムの似顔絵を見せると、なぜ捕まえようとするのかと聞いた。

捕まえていけない理由があるのか?というホン・ゲヒ。
ソンは、重要参考人なのになぜ?と問う。

手配名簿にあったために捕まえようとしただけであり、ソンが探している重要参考人だと知らなかったというホン・ゲヒ。

ホン・ゲヒは、邸下が自分を疑うのは邸下の望む捜査結果にならないためではないか?と指摘する。

すると目撃者とされる人々が次々帰されるのを見てソンは声を荒げチェ・ジェゴンに尋ねた。
チェ・ジェゴンは、偽証を見付けられなかったためだと答えた。

チェ・ジェゴンは邸下が客観性を失っているのではないかと指摘する。
捜査とは手掛かりに基づき推理のもと結論を下すのもだという。
邸下のように結論を出してから自分が望む答えを見つけるのもではない!とチェ・ジェゴンがいった。

フンボクには王室を誹謗する動機が無いというソン。
それに対しチェ・ジェゴンは、フンボクが王室を誹謗していたという証人がいるという。
確認するために図画署へ向かうソンとチェ・ジェゴン。

画員たちの中にはホ・ジョンウンの姿は無かった。
まさか…とソン。
チェ・ジェゴンも事件との関係を疑い、有力な容疑者なのかもしれないという。

ソンは、別監カン・ピルジェにホ・ジョンウンの手配を告げる。

一方、キム・テクもまたホ・ジョンウンが猛毅のことを知っていると気付いていた。
ソンよりも先にホ・ジョンウンを捕まえるよう部下に指示を出す。

そんななか、妓房から出掛けようとするチュヌォルの前に何者かが立ちはだかった。

一方、ホ・ジョンウンはパク・ムンスから逃げようとしている。
あなたがシン・フンボクの死体を御井に捨てたのでしょう?とホ・ジョンウンが問う。

そうだと認めたパク・ムンス。
すぐに東宮殿に行って知っていることを話すように促すパク・ムンス。
その後のことは私に任せて急ぐよういった。

ホ・ジョンウンは、その前に東宮殿の班次図(宮中の行事を描いた図)で
フンボクが印を残した人物が誰なのか探そうと考える。

絵を見たホ・ジョンウンを西方が襲う前に助けるカン・ピルジェ。
別監カン・ピルジェは世子の使いだといってホ・ジョンウンを無事に東宮殿まで連れて行くという。

翌朝になりホ・ジョンウンが尋問を受ける椅子に縛られた。
英祖はキム・ソンイクから報告を受けると、英祖はパク・ムンスに対し怒りを露わにした。

パク・ムンスは貰冊を持ち不敵に笑う。
そんななか、尋問場に到着したソンだったが…

 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-秘密の扉-全話一覧はこちら
 

【スポンサード リンク】

 

秘密の扉2話   秘密の扉4~5話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ