一途なタンポポちゃんあらすじ全話!40~42話

韓国ドラマ-一途なタンポポちゃん-あらすじ全話!40~42話
一途なタンポポちゃん

韓国ドラマ-一途なタンポポちゃん-あらすじ全話の40~42話の
ネタバレです!
ヨンマンの目論見によって大怪我を負ってしまったテオ。
なんとかテオを助けたドゥルレでしたが
そこへ、事情を聞いたセヨンが現れテオに抱きつくんです。
そんな様子を見てしまうドゥルレはなんとも気まずい…笑
監禁され、空き巣の共犯にさせられてしまったドンスはどうなってしまうんでしょうか?
ではお楽しみください♪

【スポンサード リンク】

 

韓国ドラマ-一途なタンポポちゃん-あらすじ

~第40話~

セヨンがテオに抱きついているため、出るに出られないドゥルレ。
息を潜めて隠れている。
ある日ジョンイムは、ケーキを作っていた。
店を始めるため、セヨンに試食させて…。
セヨンは、テオに会うため、ソウル商会へ向かった。
そこにはスンヒが。
スンヒはセヨンのことをわかっていないが、セヨンはスンヒを見るなり慌てて逃げ出してしまった。
そんな頃テオは、ポンジェがソウル商会には内緒で、デソン製粉と契約したことを耳にする。
テオはポンジェの居場所を捜し当て、部屋の中へ行くと…。
そこは賭博場と化していた。
そこへヨンマンがやってくると、ポンジェは慌て、お金を持っていつの間にかいなくなってしまった。
テオはポンジェの姿を探すのだが、どこにもいない。
とそこへ、1人の男が。
テオはそれが、この間ドゥルレと一緒だった男だとわかり…。

~第41話~

テオはサムに相談する。
ホンジェが博打でかなりの負債を負ったみたいで、その相手があなたの部下らしいと。
その額を知りたいんだがと。
サムは快く、調査を約束してくれた。
サムはヨンマンに詰め寄った。
ホンジェを知っているか?たじろぐヨンマンに、サムは続けて、彼に手を出したらタダでは済まさないぞと…。
そんな頃、ドンスは新聞配達でお金を稼いでいた。
そのお金で両親に仕送りも。
ドゥルレは毎朝、彼に朝食を準備してあげるのだった。
ある日、質店にテソンがやってきた。
彼は、サムの土地に会社を建てたいから、そこを売って欲しいのだと言っている。
サムはかなり悩んだが、相場の2倍なら売ってもいいと答えて…。
そんな中ドゥルレは、ソウル商会の前でセヨンを見かけ…

~第42話~

テオはサムに報告があり、やってきた。
今回の賭け事は、全部うちの部下が勝手にやったらしく、白紙にして欲しいと謝罪する。
万が一また同じようなことが起きたときは、法的措置もやむを得ないと話し…。
サムはテソンに土地を売ることにした。
テソンは、今までのことは全部水に流して、これからはお互い協力していこうと。
小さい頃に教育を受けさせてもらえなかったドゥルレは、勉強を始める。
九九表を渡されたが、数字ではなく、全部ハングルで書いてある。
テオはドゥルレに、数字はダメでも、ハングルならわかるだろう?
そしてスンヒは、九九をマスターできたら、街中に餅を振る舞うぞ、と言われ…。
一方サムは、テオがテソン製粉の息子だと知り…

 

【スポンサード リンク】

 
一途なタンポポちゃん-全話一覧はこちら
 

【スポンサード リンク】

 

一途なタンポポちゃん37~39話   一途なタンポポちゃん43~45話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ