一途なタンポポちゃんあらすじ全話!55~57話

韓国ドラマ-一途なタンポポちゃん-あらすじ全話!55~57話
一途なタンポポちゃん

韓国ドラマ-一途なタンポポちゃん-あらすじ全話の55~57話の
ネタバレです!
お久しぶりのタンポポちゃんの更新となってしまいました!!
ドゥルレの父ガンウクが亡くなってしまい、未だ自分の父親の真実を
知らずにいるドゥルレはセヨンとの再会を果たすのですが…
セヨンはドヨンが行方不明になってしまった原因はドゥルレにあると
ドゥルレを恨んでいるのです…
ではお楽しみください♪

【スポンサード リンク】

 

韓国ドラマ-一途なタンポポちゃん-あらすじ

~第55話~

ドゥルレはセヨンとの再会を果たす。
ドゥルレはとても喜んでいるが、セヨンはそうではなさそうだ。
セヨンはドゥルレに当たり散らした。
あなたのせいでドヨンが行方不明になったのよ!全部あなたが悪いのよ!と。
ドゥルレは悲しかった。
そんな頃テソンは、セヨンがチン社長の娘だったと知り…。
テオはドゥルレのことが気になって、何も手に付かない。
いてもたってもいられなくなり、ドゥルレの手を握り、いきなり告白した。
しかしドゥルレは、私はそんな気持ちがないんだと、きっぱり言う。
テオは、そう簡単には諦めない。
ずっと待ってるからと話し…。
一方セヨンは、お兄ちゃんはドゥルレという女の子のことが好きらしいよと、ジョンイムに話す。
ん?あのドゥルレなの?

~第56話~

セヨンは気が気でなかった。
ドゥルレ、お兄ちゃんは私のもの。近づいたら絶対に許さないから、と呟き…。
お父さんもドヨンもポンジェも、全部ドゥルレのせいだと…。
ドゥルレさえいなければ…。
一方テソンは、セヨンがソウル紹介で働いているとの情報を耳にする。
慌てて取引先へ手回しを始める。
ソウル紹介に商品を卸させないようにしろと、キム秘書に指示をし…。
そんな頃、ドゥルレとサムが仲良さげに歩いているところを偶然見てしまったテオ。
寂しさがこみ上げる。
一方ジョンイムは、ジュヒの手紙を読み返していた。
ん?ジュヒの子なの?いいや、そんなことありえないと、自分に言い聞かせて…

~第57話~

サムは耳を疑った。
シスターが、ドゥルレはガンウクの子だと話だし、ミン社長は、亡くなる直前に、ドゥルレのことを知ったらしいと…。
そんな頃、ソウル商会に、商品が来なくなっていた。
俺が解決するから心配いらないと、テオはスンヒに話し、そのままテソンを訪ねた。
そして彼は、ソウル商会への嫌がらせをやめてほしいとお願いするのだった。
万が一、この願いを受け入れてもらえないのなら、会社を辞めることになっても、テソンの元には戻らないと話し…。
ソウル商会に帰ったテオは、もう嫌がらせはなくなるでしょう。
実は、デソン製粉の社長は、私の父親ですと言い…。
テオはドゥルレに、ソウル商会を辞め、君を追いかけるのもやめにすると話し、その場を去ろうとすると
ドゥルレが後を追ってきたのだ。
ふたりは抱き合い、キスをする。

 

【スポンサード リンク】

 
一途なタンポポちゃん-全話一覧はこちら
 

【スポンサード リンク】

 

一途なタンポポちゃん52~54話   一途なタンポポちゃん58~60話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ