輝いてスングム-あらすじ全話!13〜15話

韓国ドラマ-輝いてスングム-あらすじ全話!13~15話
輝いてスングム

韓国ドラマ-輝いてスングム-あらすじ全話の13~15話の
ネタバレです!
やっとスボクとスングムの元に帰れそうなのにやっぱり
チスからしても面白いわけがないですよね。
でもスングムを引き取るとか言い出すのは
ちょっとチス男らしくないんじゃないかなぁ↓
ヨニが悲しむのは目に見えていることですよね。
それにしてもウチャン可愛い(笑)
ではお楽しみください♪

【スポンサード リンク】

 

韓国ドラマ-輝いてスングム-あらすじ

~第13話~

思い切って打ち明けたのですが、予想通り激昂の言葉の数々が浴びせられることに…。
よりにもよって愛しているヨニの元夫がなんともみすぼらしい薬売りだということにチスは我慢ならなかったのです。
「誰の嫁だと思っているんだ!」「ヨニとは別れない!!」とスボクに言い放ちます。
それでもどうしてもヨニを取り戻したいスボクは、ひざまづいてまで必死に懇願すします。
スボクに比べてチスはとても裕福で身なりはもちろん、食べ物にだって困っているスボクは屈辱感でいっぱいなのでした。

一方、スングムは母への想いを日々募らせていました。
きっかけはジンギョンの家で見た優しく美しいお義姉さん。 
自分の母があんな風な私も優しくて温かい人だったらいいのにと夢が膨らむのでした。
実際はスングムは母が実はこんなに近くにいるのに分かっていません。
ただ、確実に10年近く生き別れになった二人の距離は狭まっていっていました。

一方、チスがヨニの命を救ってくれた事を知ったスボク。
そんなチスに会う為にインオクの働くクラブへ行くことに。 
スボクは恩返しの為に危険を犯してでも北へ行く事を告げるのです…! 
その代りにスングムの母を返して欲しいと懇願し、 
ついにチスは離婚を承諾するのでした。
やっと10数年経ちましたが、念願の元の家族に戻れると有頂天のヨニ。 
明日の夜セウン堂を出て金村駅でスボクと落ち合う約束をするのでした!

そしてチスもついに実行に移すことに。
北と南を秘密裏に行き来しているパク社長にジンマンを紹介し、
大晦日の夜についに北へ密入国する計画を話すのでした…。

~第14話~

北朝鮮に行く計画を進めている父の事が不安でたまらないウチャン。
ついに大晦日。あともう少し時間がたち夜になれば、スングム達の元へ行ける!
これ以上ない程の嬉しさと幸せがこみ上げてくるヨニ。 
ですが、まだ時ではない!平静を装って家事を続けます。
スボクも同様、ヨニとよその土地へ行き新生活が待っている事を考えると
晴れ晴れとした気分でたまりません。 
今日は何よりも大事な1日となるため、今日は遠くに行かない様に
スングムに言い聞かせます。
そんなスングムは友達のジョンスと市場で買い物をしていました。
スングムはお互いに赤い手袋をプレゼントすることに。

全てが順調…と思いきや…!
幸福感いっぱいのヨニの身体に異変が起きてしまう…!
なんと、チスの子供を身ごもっていたことに気付くのです!  
そんな皮肉な衝撃的な現実に直面しましたが、もう後戻りはしたくない…。 
チスに黙って旅立つ事を決意するのです。。。
そして何も知らないチスは金村駅へヨニを送るのでした…。

~第15話~

父が北へ旅立った事に気付いたウチャン!
スングムと一緒にジンマンを探すことに。
すると残念なことに軍人に捕まってしまいました…。
スボクは遠くに行かないようにと言っていたのはヨニとの約束の時間に間に合わせるためです。
そしてウチャンとスングムをようやく見つけ迎えに行ったスボク…。
だが、時間は残酷でヨニとの約束の時間に間に合わないのでした…。

ヨニが家を出た後チスは北に行く船に乗る。
ですが、北に渡ったチス達は人民軍に追われることに…! 
そんな中、山中でウチャンの父は毒蛇に突き落とされてしまいます…。

なんとか北から戻ったチス。
金村駅で夜までスボク達を待っていたのですが、ウチャンとスングムを迎えに
行っていたスボクはその場に当然現れませんでした…。
ずっと待っていたのですが、ついに力尽き、ヨニはチスの腕の中で気絶してしまいます。
病院にヨニを運んだチスはそこで妊娠している事実を知ってしまい、
自分の子を身ごもったまま逃げようとしたヨニに憤慨することに…。

そしてスボクからヨニの事を聞かれたチス。
本当は行きたくてたまらなかったスボク。
そんなスボクに対してチスは「ヨニは駅に来なかった」と嘘をつくのでした…。
 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-輝いてスングム-全話一覧はこちら
 

【スポンサード リンク】

 

←輝いてスングム10~12話   輝いてスングム16~18話→


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ