輝くロマンス-あらすじ全話!103~105話

韓国ドラマ-輝くロマンス-あらすじ全話!103~105話
輝くロマンス

韓国ドラマ-輝くロマンス-あらすじ全話の103~105話の
ネタバレです!
チェリが怪我をしてしまったことでハジュンが結婚して
責任を取れという流れに…
チェリはハジュンが大好きだから、とてもいい流れだけれど
ビンナやハジュンにとってはとても悲しいですよね…
ハジュンが好きなのはビンナだけなのに。
そして、そこで、ビンナも簡単にではないけど引いちゃうなんて…
サンウクも、ハジュンの抜け殻のような様子に戸惑いビンナも心配し…
やっぱりサンウクはいい人だなぁ…
さて、結婚式はスノクは出席を断られてしまいました!汗
デプンとの問題があるからだけど。
そして、ジェイクに自分の過去を打ち明けたスノク。
今後の展開は…
ではお楽しみください♪

【スポンサード リンク】

 

韓国ドラマ-輝くロマンス-あらすじ

~第103話~

スノクは、ハジュンの父親デプンが元夫だということをジェイクに打ち明けた。
ジェイクは、驚き因果なものだと言いながらもそれを受け入れた。

ハジュンは、チェリとの結婚を目前にやはりビンナなしでは生きられないと
部屋を飛び出した。
ビンナに来るまで待っているとメールを送り、待ち続ける。
夜中になり諦めて帰るハジュン。
ビンナは、ハジュンを見つめていた。
たまらず追いかけるビンナだったが、ハジュンは気づくことはなかった。

そんななか、スノクはチェリの結婚式には出ないと涙している。
ジェイクは、結婚式には出るよう促している。

チェリとキム執事は、嬉しそうに結婚式のリハーサルをしている。

一方、ビンナは仕事で新たなメニューを考案しサンウクが試食している。
美味しいと褒めるサンウクが、その流れでビンナにプロポーズをした。
そこに現れたハジュンに、気まずい雰囲気になる3人。
3人は会議をしはじめる。

サンウクが電話で席を立つと、ハジュンとビンナはぎこちなく話し始める。
お互いにごめんと言い合った。
ビンナは、何もお返しすることができなかったと言う。
そして、何も気にしないでチェリのもとへ行ってと伝える。
そんなビンナの言葉に、苦しい思いのハジュン。

そんななか、帰宅したビンナにチェリが結婚後使うために新調した布団を見せつけた。
父ジェイクは、あまりに優しさがない言動だとチェリを叱る。
チェリは、自分が浅はかだったと謝った。

チェリは、パパも酷いと泣いた。
でも明日には、さよならしてJグループの嫁になると言うチェリ。
私たちはやり遂げたとチェリはキム執事に抱きついた。

ハジュンとチェリの結婚式当日。
ハジュンがいないと騒ぎ立てる家族たち。
そこへ浮かない表情のハジュンが現れる。

スノクが結婚式に出席するため仕度をしていると、キム執事が邪魔するなと怒りを見せる。
スノクの元夫がデプンであることをジェイクに言いつけるというキム執事に、スノクは
ジェイクには既に伝えたと言った。
チェリが破談になることは許さないと、スノクの服を脱がせようとして仕度の邪魔を
するキム執事。
ビンナが現れ、キム執事を止めた。
その隙に、結婚式に出かけるスノク。

キム執事は、チェリが被害を被る必要はないとビンナに言い放つ。
ビンナは、私が被害を被った30年前のことを言いましょうか?と凄む。
そして、もしも今後母の邪魔をするのなら私が本当の娘だと公表すると脅した。

一方、ユンナはギジュンの兄がハジュンであることに気付き姿を隠す。

スノクがハジュンの両親と顔を合わせる。
動揺するデプン。
とうとうテリもスノクがチェリの新たな母であることを知ったのだったが…

~第104話~

チェリの新たな母がスノクであることを知ったテリは、驚愕し嫌がった。
体調が悪いとその場を去るテリ。

式の中では、テリとスノクは険悪であり、ハジュンには感情が無かった。
ビンナは、ハジュンと愛の誓いをしたことを思い出しつらいまま参列している。
式が始まり、誓いの言葉を言い合う二人。
ハジュンは誓うことができないまま式は終わった。

控室のチェリの行動を見て、チェリが目の見えない演技をしていたことを知ったハジュン。
いつから見えていたんだ!嘘をついていたのか!と激高するハジュン。
ハジュンは、この結婚は無効だと言い放つ。
そこに現れたテリもまた、チェリとグルだったことに驚くハジュン。

チェリが怪我をした時、キム執事が目の見えないふりをするよう助言していた。
その企みに乗ったテリ。

チェリは、必死で今見えるようになったと言い訳をする。
出て行くハジュンを泣きながら追いかけるチェリ。

ハジュンは、ビンナを連れて車に乗った。
ビンナは、みんなの前でチェリと誓ったのだからよくないとハジュンを諭す。

結婚式会場では、ハジュンが誤解をしていると泣きわめくチェリ。
驚くジェイクとスノクに、キム執事が苦しい説明をする。
チェリの目が見えるようになったことは、新婚旅行で打ち明けるつもりだったのだが
ハジュンが誤解をしてしまったというキム執事。

家族を騙していたのかと怒りを見せるジェイクに、チェリは気を失ったふりを
するのだった。

チェリは、ハジュンとの結婚は成功すると言っていたキム執事を責め立てた。
キム執事は、ハジュンに家に行くよう促した。

家に帰ったユンナは、チェリの部屋に乗り込み、初めから目が見えていたんでしょう!と
チェリの髪の毛をわしづかみ怒りを爆発させる。

一方、ハジュン宅ではデプンとテリの言い争いが始まる。
元奥さんとはいつから会っていたのかと問い詰めるテリ。

一方、ジェイクは、チェリがハジュンを騙していたと嘆く。

ビンナが帰宅するとチェリの頬を叩き付け憤る。
それを止めるキム執事。
こんなの愛ではない!ハジュンに対する所有欲だけだと言い放つビンナ。
ビンナは、チェリがこう出たなら考え直すと言った。
チェリは、ハジュンさんと結婚したのよ!と言い返す。

キム執事は、手遅れになる前にハジュン宅に向かうよう指示を出す。

そんななか、自宅に帰ったハジュンがテリに話があると言った。
そこへチェリがスーツケースを持って現れたのだったが…

~第105話~

ハジュン宅に現れたチェリを見て、デプンはチェリの目が見えることに驚いた。
ハジュンが誤解していると弁明するチェリ。

ハジュンは、チェリへの怒りを露わにする。
チェリは、結婚式をした以上は自分が妻だと言う。
ここは私の家だと言い張るチェリに、一刻も早く出て行くよう言い放つハジュン。
チェリが出て行かないのならば自分が出て行くと部屋を後にする。

引き留めるテリに、ハジュンはチェリのことよりも母さんが自分を騙していたことが
耐え難いと言い、チェリとの破談を認めるまでは連絡をするなと言って出て行った。

テリは、ハジュンがこんなに怒ると思っていなかったとデプンに話しをする。
そしてテリは、スノクと親戚関係になることを嫌がり、チェリをどうすればよいのか
悩んでいる。
そんななか、チェリはハジュンがいなくてもこの家に居たいと言った。
そんなチェリに、この結婚は白紙に戻せないかと尋ねるテリ。
チェリは、ショックを受けるが懸命に説得にかかる。

一方、スノクはキム執事に出て行くよう宣言する。

そんななか、テリがスノクを呼び出した。
夫デプンと浮気しているのではないかと食ってかかるテリ。
スノクは、子どものことではなく夫のことを心配するテリに憤る。

一方、ハジュンがビンナのもとに出向き、チェリとの結婚は無効だと伝えた。
ビンナは、それを否定しチェリとハジュンは結婚したと言う。
そこに現れたサンウクがハジュンを非難し、ビンナに対する気持ちを宣言する。

そんななか、サンウクが日本語の通訳を頼むため東大の何期生だったのかと
キム執事に尋ねた。
そして後に、キム執事の言った学歴がでたらめだったことを知る。
サンウクは、不審に思いキム執事の調査をしはじめる。

一方、ビンナがギジュンに父親のひき逃げ犯がキム・デスの可能性があると話す。
キム・デスは、テリの運転手だった人物だが、ギジュンは思い出さなかった。
テリもまた、キム・デスを探していた。
だがキム・デスが夜逃げしたことを知り肩を落とすテリ。

一方、ともに食事をするビンナとサンウク。
サンウクは、そこで正式にプロポーズをするのだったが…

 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-輝くロマンス-全話一覧はこちら
 

【スポンサード リンク】

 

輝くロマンス100~102話   輝くロマンス106~108話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ