輝くロマンス-あらすじ全話!64~66話

韓国ドラマ-輝くロマンス-あらすじ全話!64~66話
輝くロマンス

韓国ドラマ-輝くロマンス-あらすじ全話の64~66話の
ネタバレです!
素晴らしい仕事ぶりのビンナも料理長に気に入られ
信頼関係が築けそうだという時にチェリの邪魔によって
信頼を失ってしまったビンナ…可哀想ですね。
ビンナと付き合いたいサンウクは、チェリの仕事まで
邪魔するのはおかしいとビンナをかばいますがチェリの耳には
届かないようですね。
そして、サンウクに奪われまいと頑張るハジュンもビンナに
車をプレゼント。
私的には、サンウクの一生懸命な感じも好きですが、やはり
ハジュンとうまくいってほしいものです。
ジェイクとスノクの恋模様も、キム執事に邪魔され、心が
揺れ動いてしまうスノクですが、ジェイクの真面目な気持ちに
疑いを持たずに心から信頼してほしいなぁなんて考えます。
さてさて、自分の娘を目の前に話し始めたジェイク…
今後の展開は…?
ではお楽しみください♪

【スポンサード リンク】

 

韓国ドラマ-輝くロマンス-あらすじ

~第64話~

相変わらずビンナを気に掛けているサンウク。
ビンナの傍に行けるチャンスを伺っている。
そして、サンウクがビンナの隣の入ると、すかざずハジュンが気付く。
ハジュンは、前にビンナのことを自分の女だと言っただろう!とサンウクに詰め寄る。
サンウクとハジュンに火花が散った。

一方、ジェイクとスノクの中を壊したいと願っているキム執事。
スノクのもとを出向き、再び引っ越しの話を持ち出した。
青雲閣に就職したばかりのビンナのことを考え、引っ越しは簡単に決められないと
話すキム執事。

キム執事と話しているエスクは、話に矛盾点がたくさんある事に気付き不審を
感じ、キム執事の嘘に気付く。

一方チェリは、ジェイクとビンナが親子である事実を知ってからというもの毎日が
辛かった。
そのうえ、ハジュンとの関係がうまく運べないこともありチェリは酒を飲みひどく
酔ってしまう。

酒に酔ったチェリは、ハジュンに抱きつた。
ハジュンの胸に抱かれたチェリの姿を目撃してしまったビンナは、ショックを受けて
しまった。

一方、ハジュンの母テリがテシクの母マルクスにジェイクとキム執事が付き合って
いるようだと話す。
スノクに対し、いい気味だと思うマルクス。

そんななか、ジェイクがビンナを自宅に招き入れた。
キム執事にお茶を頼むジェイク。

ジェイクとビンナが話す中、そこへサンウクも加わった。
3人は楽しそうに仲睦まじい様子だった。
そんな3人の様子を見たチェリに嫉妬心が芽生えるのだったが…

~第65話~

チェリは、ハジュンとビンナを離すため再び悪行を企てる。
青雲閣での仕事の中で、ビンナに冷凍庫から食材を取って来るように指示するチェリ。
するとチェリは、ビンナを冷凍庫へと閉じ込めてしまった。
中からは開かないようになっている冷蔵庫の中で助けを求めるビンナだったが
気付く者は誰も居ない。

チェリは、ビンナが恐怖を感じ青雲閣を辞めるだろうと踏んだのだ。

ビンナは、必死で外へ出る方法を考えるが無理だった。
恐怖に襲われるビンナ。

そんななか、ハジュンがビンナに電話をするがいっこうに出ない。
心配したハジュンは、スノクに電話を掛けビンナのことを尋ねた。
スノクもまた、時間にも帰らないビンナを心配していた。

ハジュンは、サンウクとともに青雲閣でビンナを探した。
二人は冷蔵庫の中のビンナを見つけ、救出するが冷え切ったビンナは意識を
失っていた。

急いで病院に運ばれたビンナだったが、医者は危険な状況にあると伝えた。
意識不明のビンナの手を握り、励ましながら付き添うハジュン。
しばらくしてビンナは無事に意識を取り戻した。

苛立つチェリ。

ジェイクはスノクに連絡をしビンナを見舞う。
そしてこれからいつまでもスノクのそばにいたいと伝える。

ジェイクが青雲閣へスノクを招いた。
そこでお茶を出しに来たキム執事とスノクが顔を合わせるのだったが…

~第66話~

青雲閣にいるジェイクとスノクのもとにキム執事がお茶を持って現れた。
キム執事の想いを知らずにいるジェイクが、スノクを紹介した。
自分のお見合いの相手であり今好きな人だとスノクを紹介するジェイク。
そして、この家で長年勤めている執事だとキム執事を紹介する。
やはり自分は何年経っても執事であることにショックを受け
キム執事は、その場にいたたまれず外へと飛び出した。

ビンナも呼ばれ一緒に食事をすることになる。
ジェイクとスノク、ビンナの3人はともに時間を過ごす。

一方、キム執事の怒りは頂点に達していた。
スノクを呼びつけたキム執事は、スノクのせいで自分がジェイクと別れるはめに
なったと憤る。
言い争う二人。

そんななか、テシク宅ではエルマがずっとビンナのことを忘れないヨンドゥの様子に
苛立っていた。
エルマは、ヨンドゥに掛かったビンナからの電話を勝手に切ってしまう。
それに怒ったヨンドゥは、エルマの腕に噛みついた。

一方、ビンナは青雲閣で食材管理者として昇進を果たした。
すると再び、チェリが策略を企てるのだったが…

 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-輝くロマンス-全話一覧はこちら
 

【スポンサード リンク】

 

輝くロマンス61~63話   輝くロマンス67~69話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ