金よ出てこいコンコン-あらすじ全話!19~21話

韓国ドラマ-金よ出てこいコンコン-あらすじ全話!19~21話
金よでてこいコンコン

韓国ドラマ-金よ出てこいコンコン-あらすじ全話の19~21話の
ネタバレです!
モンヒ1番すごいですね~✩
頑張ったかいがあった♪
しかもヒョンスのサポートが半端じゃない優しさで2人で喜びあうところ
なんか最高でした(*゚▽゚*)
シムドクはウンサンからあんまりよく思われてなかったりして、モンヒョン
が苦労していることを知って悲しむのはすごく可哀相…。
でもここまでの過程はけっこう強引だったから仕方ないかな(^_^;)
では続きをお楽しみください♪

【スポンサード リンク】

 

韓国ドラマ-金よ出てこいコンコン-あらすじ

~第19話~

ソンウンからヒョンテには恋人が結婚前からいたということを聞いたシムドクは、
モンヒョンを気の毒に思って、ヒョンテと離婚させることを考えるんです。
それにはシムドク母にはもうちょっと考えるべきだと別意見をだします。

ソンウンがユナに料理を教えるのに家にやってきました。
そこには露天で使うようなトラックが…。
不思議に思うソンウンは、もしかしてユナ=モンヒではないか
と疑い始めてしまうのでした(><)

一方、ヒョンスの会社のイベントにモンヒが作品を応募している事実が発覚。
どうしてそんなことをするんだとモンヒに問い詰めるんですが、モンヒに心当たり
は全くない…。
ヒョンスに信じてもらえないのですが、後に学校が勝手に応募したことが発覚
するのでした。

シムドクがヒョンスにモンヒがどうしてユナの振りをしなければいけなくなった
のかを聞くのですが、モンヒを利用しているかのように話すヒョンス。
会社へ応募したのがモンヒだと思って怒っているのでしょう(^_^;)
それはそのままモンヒにシムドクから伝えられてしまい、怒るモンヒ!
信頼が壊れたから出て行くと家を飛び出すのでした…。

~第20話~

モンヒが行く場所は実家しかありません。。。
しょうがなくシムドク母はピルニョと同じ部屋で寝ることに。
またピルニョのいびきがうるさい(笑)
全然熟睡できないのでした。

シムドクはスンサンに対し、ドクヒの態度が余りに酷いことを伝え、
ドクヒだけではなくて、スンサン自体も一緒に住んでいることが理解
できないとまで言われてしまい、スンサンは家でドクヒに激怒するのでした。。。

ついにヒョンテが恋人と別れることを決め、話をしにいくことに。
そこにはモンヒョンの姿もありました。
恋人は承諾できていない様子…、駆け落ちまで提案するのですが、
うまくいかず、農薬を飲もうとしてしまうのです…。
そしてそれを止めるヒョンテ…。

ソンウンがユナに次に料理を教える日を決めようとするんですが、
出て行ってモンヒがいないので慌てるヒョンス(^_^;)
今は旅行にいっていていないというのでした。
そしてモンヒはお金を返して契約を解消しようとするのです…。

~第21話~

シムドク母は、ピルニョと一緒に住むことになるが荷物の多さに圧倒される。
寝るときはリビングを使えばいいという発言にイライラしてしまう。

ヒョンスはおばぁちゃんから聞いていた母の居所が気になるので、
スンサンに探したいと話すと許可をもらえた!
ですが、あんまり派手にやると許さない的なことを言われてしまう…。

契約を解消したモンヒはお金がこれからないので、
生活費を稼ぐためにまたもや露天で商売をすることに…。
でもその生活では以前、警察に目をつけられていたのですが、
今回もやっぱりそうでした(><)
しかも今回は商品を没収されてしまうのです…。
日々に苦戦するモンヒはヒョンスにその光景を見られてしまうのでした…。

一方、恋人が農薬を飲んで自殺未遂をするので恋人と別れることができなかった
ヒョンテ。
そんなヒョンテはビョンフと会うことになるのです。
あってビョンフになぜ恋人と別れてないんだと言われてしまう…。
 
ソンウンは優秀作品を決めなければならず、優秀作品にモンヒの作った作品とは知らずに
モンヒの作品を実は選んでいた。
でもその名前にはモンヒの名前が書いてあったので、ヒョンスがばれないようにと
名札だけこっそりとっていたのですが、その名札をソンウンに渡すことになる。
当然、ソンウンは気に入らない様子(^_^;)
ソンウンは優秀作品からモンヒの作品を取り下げようとする…。
 

【スポンサード リンク】

 
金よ出てこいコンコンの概要、キャスト、初回あらすじはこちら
 
韓国ドラマ-金よ出てこいコンコン-全話一覧はこちら!!
 

【スポンサード リンク】

 

金よ出てこいコンコン16~18話   金よ出てこいコンコン22~24話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ