貴婦人-あらすじ全話!94~96話

韓国ドラマ-貴婦人-あらすじ全話!94~96話
貴婦人

韓国ドラマ-貴婦人-あらすじ全話の94~96話の
ネタバレです!
ファヨンって料理苦手なんですね…
シネと比べられて屈辱的?
そんなファヨンはシネに嫌がらせ。
記憶を取り戻せないことにもどかしく感じるヨンミンは
辛そうですよね。
ではお楽しみください♪

【スポンサード リンク】

 

韓国ドラマ-貴婦人-あらすじ

~第94話~

ミナとソンジュは名家デパートの理事会に向かっている。
ペク代表とその母、そしてジョンミンが出席をしたなか、ミナが名家デパートの代表に就任した。

ペク代表がファヨンをホテルに呼び出すと、そこへヨンミンが訪ねて来る。
ヨンミンに気付いたファヨンは隣の部屋に隠れた。
ヨンミンはペク代表にファヨンとの関係を問うのだった。
名家デパートの代表に就任したミナに花束を持ってやって来たペク代表の母親。
そして、ペク代表の父が明日帰国をするということで、ユンオを連れてくるよう言いつけ
体外受精の準備をするように指示をする。

ジョンミンの母キョンジャがジョンシムを訪れ、ソンジュの家にいるユンオを見ると
可愛い子だと頭をなで、白血病の抗がん剤の副作用で抜けてくる髪の毛を持ち帰るのだった。
その髪の毛から遺伝子検査を試みようと考えるキョンジャ。
ミナが戻ると、キョンジャが訪れていたことを聞き驚くのだった。

ヨンミンはペク代表に会ったことをファヨンに伝え
ファヨンがなぜ高価な土地を所有していたのかを聞くと
ファヨンは自分が孤児だったからそんなことを聞くのかと答える。

ヨンミンを心配したシネは会社に向かった。
シネはヨンミンの事務所へ行くと、もともとあなたの秘書だったのだからこれからも助けると伝える。
空気を察して席を立つシンジュン。
シネはヨンミンを非常階段へ連れて行った。
そこはヨンミンの父キョンジュンとシネが隠れて会っていた場所だと打ち明けた。
この場所でいつも父キョンジュンに悩み事を相談して解決してもらっていたことを伝えた。
そしてミル化粧品会社に入社したとき、キョンジュンがいなければ今のじぶんは無かったと語るのだった。
これからは、二人で助け合って解決していきましょうと告げるシネ。

一方、ヨンミンの母ミョンスンがヨンミンの部屋の家具を勝手に変えようとしている。
ファヨンが止めに入るも、聞く耳を持たないミョンスン。
部屋を見たヨンミンは勝手な行動をするミョンスンに怒りを露わにするのだった。

そんななか、産婦人科で不妊検査を受け結果を聞いていたソッギョンは連絡を絶っていた。

~第95話~

ミナの母ソンジュがジョンミンのもとに出向き、ユンオのことは自分たちだけの秘密だと伝える。
ばれると困るのはミナではないのかと言うジョンミン。

一方、ジョンミンの母キョンジャはユンオの遺伝子検査をするとジョンミンに伝える。
自分のことを考えるのなら何もしないでくれと言うジョンミン。

頭痛のひどいヨンミンはシネと共に病院で検査をしたが異常は認められなかった。
ヨンミンは自分はこれまで適当に生きてきたみたいだと言う。
周りの反応を見てそう感じると言うのだ。

一方、不妊検査の結果を聞いてからソッギョンはいまだ連絡がつかない状況だった。

そんななか、ファヨンがミナに連絡をしてきた。二人は会う約束をした。
ファヨンはミナに今からでも手を組めますか?と問うのだった。
もう必要ないと伝えるミナ。
そしてミナはファヨンがペク代表の父親におなかの子のことを言う以外方法はないと言う。

ソッギョンが屋台にいるところシンジュンが迎えに行くと、ソッギョンは離婚を切り出した。
そしてソッギョンは自分はシンジュンのこどもを残せないと泣いて伝えるのだった。
そこへ来たシネとヨンミンは二人の様子をそっと見ていた。
シンジュンはヨンミンと共に酒を酌み交わして酔ってしまった。
酔ったシンジュンはあんなに仲の良くなかった人たちには簡単にこどもができたのに
どうして私たちのような仲が良い夫婦にはこどもができないできないのかとヨンミンに怒りをぶつけてしまうのだった。
ヨンミンは僅かながら記憶が戻って来る。

シネにあの時どうしていなくなったのかと問うヨンミン。
遠くまで見つけに来てくれたじゃないですかと言うシネ。
あの時に結婚を決意したと答えるシネ。

そんななか、弁護士ジヌクがヨンミンの事務所を訪れ
シネと一緒に書類を見直してヨンミンが仕事を始めてから売り上げが落ちてきたことを告げる。
父キョンジュンが経営をジョンミンに任せると言ったことは本当なのかもしれないと
真実がわからなくなってきたヨンミン。
ヨンミンはジョンミンに系列会社の関連書類を見せるよう願い出て、自分の記憶を確かめたいと言う。
そんなヨンミンに恐れを抱き始めるジョンミン。

そんななか、ジョンミンはペク代表の母親にホームショッピングの経営を任せてほしいと言い出した。
ミナが名家デパートの代表になってからというもの名家の勢力が強くなったと言う。
連絡を待っていますと伝え、立ち去るジョンミン。

~第96話~

系列会社の関連書類を見たヨンミンだった。
自分の記憶では父キョンジュンは経営を自分に任せると言っていたが
任命書にはジョンミンの名前が記されていた。
正しいことがわからなくなっているヨンミン。
そんなヨンミンにシネは過去にプレゼントされたブレスレットに一緒に入っていたカードを見せた。

帰宅したヨンミンはファヨンにかまわず部屋に入った。
カードをながめて考え込むヨンミン。
何か思い出したならその記憶を信じるよう伝えたシネ。
ヨンミンはそれを買った売り場で確認をする。
するとまた記憶が戻りつつあった。
ヨンミンはシネへのカードをファヨンに見せ、僕たちは結婚するような関係でしたか?と問う。
ファヨンはもちろんですと答える。
それが嘘ならばファヨンは困難な立場に立たされますと言うヨンミン。

ジョンミンはヨンミンが記憶を取り戻すまで全てを終わらせると考える。

一方、ファヨンはミョンスンに、ヨンミンとシネの離婚を急がせるよう願い出た。
ミョンスンはファヨンを連れ、早く離婚するようシネに伝えに来た。
ヨンミンはファヨンに帰れ!と言い、ミョンスンにファヨンの嘘を暴露すると言う。

ペク代表の母親はジョンミンのもとに出向き、ヨンミンにも顔を合わせる。
ヨンミンが出て行ったあとジョンミンに、この会社の本当の主人ですねと言うペク代表の母親だった……

 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-貴婦人-全話一覧はこちら
 

【スポンサード リンク】

 

貴婦人91~93話   貴婦人97~99話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ