九家の書-あらすじ全話!16~18話

韓国ドラマ-九家の書-あらすじ全話!16~18話
null

韓国ドラマ-九家の書-あらすじ全話の16~18話の
ネタバレです!
掟を破ったからやっぱりウォルリョンが千年悪鬼となって
戻ってきてしまいましたね。。。
しかもソファと自分の息子ときいてもまった破壊をやめる気はない様子…。
ヨウル自体もガンチの父であるウォルリョンを斬ったのが自分の父という
驚愕の事実を知ってガンチに申し訳なそさうで可哀相ですね。
ヨウルはなにも悪くないのに…。
ではお楽しみください♪

【スポンサード リンク】

 

韓国ドラマ-九家の書-あらすじ

~第16話~

ガンチの元にやってきたウォルリョンはガンチに人間になることを諦めて
神獣として生きるよう忠告します。
初めて愛した人間の女性に裏切られたショックがかなり大きかったからでしょう。
それでも、人間になって人間らしく生きるのが夢だというガンチ。
そこに無形刀館のゴンダル先生がやってきてウォルリョンにかかりますが、
すぐ攻撃されます。
先生は倒れ、ウォルリョンは人間になるのを諦めないのなら、
ガンチと関わった全てを滅ぼすと言い残し姿を消します…。

ガンチは先生を助けようと腕輪を外し、自分の血を先生の傷口に掛けます。
しかし、そこにやってきたピョンジュンたちはガンチが先生を襲ったと誤解します。
自分じゃないと言っても信じてもらえません。
幸いゴンダル先生が生きていてその時の状況をピョンジュンに報告します。

一方、グァヌンは町で変死していたのは化け物のガンチの仕業だと噂を広げます。
そして、ガンチはみんなの前で自分は化け物ではないことを証明すると
グァヌンに言われたとおりに腕輪を外します。
神獣に変化するかと思われたのですが…!
なんと変身しませんでした。
それは近くに閉じ込められていたヨウルが脱出してガンチのところに来てくれたからでした。

~第17話~

ガンチと分かれてすぐヨウルがいなくなったと聞いて、
ガンチはきっとウォルリョンに連れ去られたと思い込みました。
すぐにウォルリョンのところに向かいます。
しかし、ヨウルを連れ去ったのはピョンジュンに恨みを持っている
グァヌンの手下ソ副官でした。
ヨウルを始末しようとした時、そこに突然ウォルリョンが現れ、手下たちを倒しました!
そしてヨウルを連れて行くのでした…。

そこへガンチが現れますが、
ウォルリョンはヨウルの首を絞めながら、ガンチに再び人間になることを諦めろといいます。
ガンチは父と戦いますが、千年悪鬼の相手にはなりません。
怒ったガンチはウォルリョンに向かって
「ヨウルは俺の女だ!俺の女に手を出すな!」と叫びます。
それを聞いてかつて自分もソファを守るために同じようなことを言ったことを思い出し、
二人を悲しそうな目で見つめながら消えていきます…。
お互いを失いそうで怖かったガンチとヨウルは一層愛が深まりました。

テソは百年客館にスパイとして入り込み、
グァンウンが企んでいる計画をピョンジュンに報告します。
グァヌンは日本の大きな商団と情報のやりとりをしていました。
情報によっては日本と戦争が起きるかも知れないと判断した
イ・スンシンとピョンジュンは無形刀館の弟子たちを百年客館に忍び込ませて
調査を行うことにしました。
そこに、ガンチとヨウルも参戦します。
実は日本の商団の団首チャ・ホンミョンと名乗っていたのは死んだと思っていた
ガンチの母のソファでした…。

~第18話~

百年客館に忍び込んだガンチは日本の商団の者たちが持っていた地図を奪って
逃げることに成功します。
ガンチは灯がついてない部屋に身を隠しますが、
チャ・ホンミョン(ソファ)がその部屋にいて親子とは知らずに初対面します。

ガンチに対して好印象だったチャ・ホンミョンでしたが、
ガンチが部屋から出るときに落とした地図を見て大激怒!
そして、部下にガンチを殺してでも地図を取り戻すように命令します。
ガンチが持ち逃げた地図は朝鮮水軍の位置まで詳しく載っていて
イ・スンシンたちもびっくりします。

その頃、チョンジョはヨウルにピョンジュンが
ガンチの父ウォルリョンを切り殺したことを知っているかと聞きます。
知っていながらガンチにその事実を伝えなかったのかと問い詰めるチョンジョ。
そして、その会話を聞いてしまうガンチはかなりショックを受けます…。
ガンチはピョンジュンのところに行って、
自分の部下15人も失ったうえに最後はソファまで殺そうとしたから
仕方なくウォルリョンを切りつけるしかなかったことを知ります…。
 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-九家の書-全話一覧はこちら
 

【スポンサード リンク】

 

九家の書13~15話   九家の書19~21話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ