九家の書-あらすじ全話!19~21話

韓国ドラマ-九家の書-あらすじ全話!19~21話
null

韓国ドラマ-九家の書-あらすじ全話の19~21話の
ネタバレです!
千年悪鬼のウォルリョンおそるべし…。
最初やっぱり助けてくれるんじゃないと思ったのですが、
首を絞めてガンチが叫んでウォルリョンの心に訴えかけないと
きっと殺害していましたよね…。
でもガンチの叫びで思い出すことができるのなら、
まだ完全に悪くないんじゃないかな…。
それにしてもソファが生きていたことにも驚きです!
ソファとウォルリョンは出会うのかな…?
ではお楽しみください♪

【スポンサード リンク】

 

韓国ドラマ-九家の書-あらすじ

~第19話~

グァヌンは妓生のウォルソンを利用してガンチに薬を混ぜたお酒を飲まして
ガンチは捕まってしまいます。
鎖で縛りつけ、チャ・ホンミョンの前に連れていって、
神獣の姿になって苦しむところを見せます。
実はグァヌンは薄々とチャ・ホンミョンがソファではないかと疑っていました…。
チャ・ホンミョンは半人半獣のガンチをみてすぐ自分が産んだ息子だと分かりますが、
まだグァヌンにばれたくないので、
とても苦しむ自分の息子を目の前に頑張って平気な顔を保とうとするのです。
「人間でもないあの子を殺そうがどうしようが私とは関係ない、自分は地図だけを取り戻したらいい」
といいますが、部屋に帰ってきて泣き震えます。

ヨウルはガンチを助けるために百年客館に潜り込みますが、
捕まってしまいます。
神獣に変身したガンチを市場に吊って正体をみんなに知ってもらおうとする
グァヌンの前にチャ・ホンミョンが韓服姿で現れ、
あっさり自分が20年前グァヌンに殺されたソファだと認めることに…。

~第20話~

千年悪鬼になって記憶を無くしたウォルリョンは
不思議な力に引かれて次々と人を殺しながら百年客館まで来ます。
そこでグァヌンと会いますが、自分の名前を知っているグァヌンに、
「俺をこのようにさせたのはお前か?」と聞きます。

記憶を失ったウォルリョンをみてまたしても悪巧みを企むグァヌン。
「君をこんな姿にさせたのはソファだ」と答えます。
こう答えたのにも殺されそうになりますが、
ソファをウォルリョンの前に連れて行くことを担保に殺されずに済みます。

一方千年悪鬼になった自分の父を殺せるのは自分しかいないと知ったガンチは
もっと強くなるために腕の数珠を取ってタピョンジュンと修練することになりました。
ガンチは自分を捨てたお母さんだけど、ヨウルに説得されて会いに行きます。
ソファがグァヌンの手下に殺されそうになったとき、ガンチが現れて助けます。
そして、現れたウォルリョンにソファはびっくりします。
ガンチはウォルリョンに向かってもうこれ以上人を殺すのは止めてくれと言います。
記憶を失い、初めて愛したソファも分からず、
千年悪鬼になったウォルリョンが可哀想でした。また優しい神獣に戻ってほしい…。

~第21話~

目の前に立っているソファを見ているだけで心が痛んでくるウォルリョンは
一体こいつは誰だろうと考えます。
自分の名前を呼んでくるソファ、どこかで会ったことがあるような感じですが、
どうしても思い出せず、混乱してしまいます。

そしてガンチとウォルリョンは戦い始めますが、
ガンチが思った以上にウォルリョンの力は強大でした。
二人が戦っているとき、グァヌンの部下たちがウォルリョンに向かって矢を放つのです…!
それを見たガンチは飛んでくる矢を体で受けてお父さんのウォルリョンを守ります。
いくら千年悪鬼でもやっぱり一人しかいない大事なお父さんだったからです。
ウォルリョンはグァヌンの部下たちも全員殺して姿を消します。

ソファは息子と短い間だけど幸せな時間を過ごします。
しかし、彼女は悪鬼の力がどんどん強くなって村人を次々と殺してくる
ウォルリョンを阻止するために、長年持っていた木刀を取り出し、ウォルリョンのところに向かいます。
ソファはウォルリョンに攻撃され、涙を流します。
その涙がウォルリョンの手に落ちて正気に少しだけ戻ったウォルリョンでしたが…
そこにグァヌンの鉄砲に撃たれてしまいます…。
完全に正気を取り戻したウォルリョンはソファのことも思い出し、
会いたかったと二人は抱き合って泣きます。

月光の庭園にもどった二人ですが、
ソファはウォルリョンを千年悪鬼から神獣に戻すために木刀で自分の心臓を刺してなくなってしまいます…。
20年前、ソジョン法師に千年悪鬼にならないためには
木刀でソファの心臓を刺す方法しかないと聞いていたからでした…。
 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-九家の書-全話一覧はこちら
 

【スポンサード リンク】

 

九家の書16~18話   九家の書22~最終回


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ