九家の書-あらすじ全話!7~9話

韓国ドラマ-九家の書-あらすじ全話!7~9話
null

韓国ドラマ-九家の書-あらすじ全話の7~9話の
ネタバレです!
ガンチがついに神獣としての力を目覚めさせてしまいましたね!
それにしても腕輪が光っているだけでも不思議ですが、
それにこだわる手下の頭のキレ様もものすごいです(笑)
半人半獣の姿になったガンチを見たヨウルはどういう反応を示すのでしょうか?
またソファの時みたいになってしまうのか見るのが怖いですね…。
ではお楽しみください♪

【スポンサード リンク】

 

韓国ドラマ-九家の書-あらすじ

~第7話~

ヨウルは半人半獣化したガンチをみても逃げるどころか怯えることすらしませんでした。
ですが混乱はしていました。
ヨウルはなんとかこの状況を理解しようと苦しみます。
家に帰ったヨウルはガンチが人間の姿ではなかったと父に話すことに。
ヨウルの父のピョンジュンはかつてウォルリョンを殺めたことがあるのです…。
だからヨウルの話を聞いてピョンジュンはすぐに思い当たる節があります。
昔斬りつけた神獣ウォルリョンと人間ソファの間に生まれた子がガンチじゃないかとの
考えに至ります。
そして、全羅左水使イ・スンシンにグァヌンがガンチを見つける前に先に探し出すべきだと言います。

一方、ソジョン法師はついにガンチに神獣の話をすることに。
自分の力をコントロールできるまで月明かりの庭園で過ごすように助言をするのです。
ですがガンチは「ふざけるな!」と怒ってしまいます。
その怒りとともに神獣へ変身する自分にびっくりします。
しかし、それを見ていたヨウルはガンチにいつも通り接してくれるのでした。
ソジョン法師が獣となったガンチの手首に数珠をかけると人間の姿に戻り、
落ち着きを取り戻すのでした。

~第8話~

百年客館は結局グァヌンに乗っ取られることに。
ガンチは全羅左水使イ・スンシンによって危機から逃れられます。
ガンチは百年客館に行って、
グァヌンに「百年客館は俺の手で取り戻す。その時、貴様の首も一緒にもらってやる」と
言い放して帰ることに。
ガンチはソジョン法師に自分はムソルの濡れ衣を晴らし、人間になりたいと言い、
そのためにはどんな方法があるのかを聞くのです。
ソジョン法師はウォルリョンがやったあの秘策の九家の書を手に入れればいいと教えます。

ピョンジュンに預けられ、100日間腕輪なしでも
人間の姿でいられるように自制心を保てるように訓練をうけることになりました。
その頃、テソはグァンウンの手下に催眠術を掛けられ、
「ガンチを殺せ」という幻聴が聞こえるようになっていました…。
そして、ピョンジュンの訓練所に現れたと思ったら…
いきなり刀でガンチを刺すのです…!

~第9話~

ガンチがムソルを殺した犯人ではないと言っても聞かないテソに対し、
ピョンジュンは彼を落ち着かせようと、その時の様子や他に誰がいたのかを尋ねます。
しかし、答えられないのです…。
ピョンジュンはすぐにテソが催眠術に掛けられたことに気づき、
それを解くのは催眠術を掛けた人にしかできないと言うのでした…。

テソに刺されたガンチは命の危険が迫ってきていました…。
ヨウルはほっておけず、ソジョン法師がガンチと関わらないようにと
言ったことを無視して助けようと腕輪を外すのです…!
すると、またしても青い光が飛び始め、ガンチの傷はあっという間に治っていくのでした…!
しかし、神獣と変身したガンチは本能的にヨウルに襲い掛かってしまうのです…!
そしてヨウルは腕に怪我を負ってしまい、ガンチは腕輪をはめてまた人間に戻りますが、
すぐ気を失ってしまいます。

一方、テソは目隠しをされ、直接ガンチを見ないようにさせられることに。
そして、ピョンジュンは百年客館に隠し金庫があることを知り、
ムソルの財産を取り戻すための計画を立て始めるのでした…。
 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-九家の書-全話一覧はこちら
 

【スポンサード リンク】

 

九家の書4~6話   九家の書10~12話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ