みんなキムチ-あらすじ全話!121~122話

韓国ドラマ-みんなキムチ-あらすじ全話!121~122話
みんなキムチ

韓国ドラマ-みんなキムチ-あらすじ全話の121~122話のネタバレです!

【スポンサード リンク】

 
腹黒いヒョンジ…
私はあまり応援できそうにないな…
ドンジュンと共にハウンの元に帰ってきたダユル。
ハウンも動揺しているけれど、これからどうなるかな。
真実を話されてショックで倒れることはあっても後遺症が残るほどの
ものか疑問だったりするのは私だけなんだろうか。
ヒョンジの真っ黒な企みを聞きながら、目を覚ましてしまうジェハン…

韓国ドラマ-みんなキムチ-あらすじ

~第121話~

ジェハンの病室を訪れたヒョンジは、自分のチャンスを感じ取り
父が眠り続ける事を願っていた。

語り掛けるヒョンジが立ち去ると同時に目を覚ましたジェハン。
意識を失ったままのふりをすると、ヒョンジは再び病室を訪れて容体を調べて貰うのだった。

ハウンは突然のドンジュンの行動に動揺を漏らしていた。
ダユルが戻ってきた事に涙するハウンを見兼ねて、兄の遺影に語り掛けるウニ。
ソニョンとハウンの縁を自分では切れないと呟く。

ヒョンジは看護婦たちに根回しを続けていた。
テギョンが訪れてジェハンの容体を問うと、テギョンへ嫌味を放つヒョンジ。

テギョンが病室へ入ると、意識を戻したジェハンは医師を呼ぼうとするテギョンを引き止める。
会社での状況を聞き出したジェハンは
意識を戻した事を誰にも話さないようにとテギョンへ告げるのだった。

ドンジュンはダユルをハウンへ引き渡し帰宅する。
機嫌を良くするヒョンジへ、二人で共同会長としての案件を出すよう話すドンジュン。
防犯カメラの削除を言い渡すヒョンジの肉声を手にして、自分に権利がある事を示していた。

一方、院長から呼び出しを受けたテギョンは、ジェハンの病室の前でソニョンと遭遇する。
株や裏金などの自分が持つものを交換条件にして総会を開くようヒョンジへ話すドンジュン。
夫の企みに苛立ちを抱え続けるヒョンジだった。

夫の病状を問い続けるソニョンへ、テギョンは事実を話さないで居た。
ダユルが隣で眠る事に喜びを感じて、涙を流し続けるハウン。

ドンジュンもまた、ダユルが去った後の部屋で語り掛けていた。

翌朝、二人で会社の会長として就き逃れられない事をヒョンジへ話すドンジュン。
ヨンソクとフンを見送り部屋で一人になったテギョンも、新たな企みを持っていた。
病室でソニョンが語り続けるも、意識を失った姿を演じるジェハン。

その頃、ドンジュンはテガンの流通部門の会長として仕事を勧めようとしていた。
ハウンはキムチ工場を契約する事に決めていた。

工場が動き始めたら青果店の野菜を使うようハウンへ営業していたハヌル達。
ウニは差し入れにと作っていたアワビ粥をハウンへ渡していた。

ソニョンの元へはドンジュンが共同会長として就任した事が知らされていた。
そして医師からもジェハンの動向反応があった事を告げられて、ヒョンジへ知らせるのだった。

父の意識が戻り、企みに支障が出るのではと焦るヒョンジとドンジュン。
ハウンがソニョンの元へ訪れてウニからの差し入れを渡す。

ダユルが戻ってきた事を知らせると、ハウンを労うソニョン。
二人の前にヒョンジとドンジュンが現れると、ソニョンから父の状況を聞いて何かを察する。

ジェハンはテギョンの作戦によって移送されようとしていた。
気付いたヒョンジが駆け寄っていくが救急車が出発して、残ったテギョンに詰め寄ると…。
 

【スポンサード リンク】

 

~第122話~

テギョンの作戦によりジェハンは移送されようとしていた。
ヒョンジが駆け付けるも救急車が出発して、残ったテギョンに詰め寄る。
ジェハンが決めた事だとヒョンジへ伝えるテギョン。

救急車で移送されるジェハンは目撃者が居なかったことを看護婦へ尋ねていた。
ジェハンが姿を消した事をソニョンへ伝えるドンジュン。
すぐに戻ったヒョンジはテギョンの仕業だと、一緒に居たハウンへ問いただす。
ハウンが持ってきたアワビ粥を捨てて声を荒げるヒョンジは
ソニョンとハウンの関係性に苛立ちを抱えたままで居た。

テギョンへメッセージを送り事情を問うハウン。
ジェハンはテギョンの自宅に到着していた。
ドンジュンからの電話を無視したテギョンはハウンからメッセージを確認する。

テギョンと一緒に医師が動いている事をソニョンへ告げるヒョンジ。
総会を開き会長へ就任する計画を勧める事を母へ伝えるが、ソニョンは止めようとするのだった。

ジェハンを特別室に移したと医師がヒョンジへ説明する。
詳しい事実を明かさない医師を脅迫して立ち去るヒョンジ。

ジェハンはテギョンへ自分の抱える不安を話していた。
テギョンを信頼するジェハンがヒョンジへの対策を練ろうとする中
テギョンはジェハンを父と呼んで自分が付き添うことを伝えるのだった。

総会会場にテギョンを入場させないよう部下へ指示を出すヒョンジ。
テギョンの自宅前にも人間を手配させていた。

ドンジュンはジェハンが姿を消し続けている事をヒョンジへ知らせるが
テギョンがジェハンの株を持って総会に出るつもりなのではと見込んでいたヒョンジ。

その頃、ハウンの店には外国人まで客として来るようになっていた。
仕事をするハウンを呼び出したソニョンは、自分の代わりにハウンの出席を頼む。
ヒョンジによる会長就任の目論みを明かして、自分の代わりはハウンしか居ないと話すソニョン。

ソニョンからの頼みを受けて帰宅したハウンは、ウニへ事情を話す。
行きたくないと話すハウンへ説得するウニだった。

ヨンソクは家の前に何者かが居るのを不審に思っていた。

一方、ドンジュンは翌日に控えた総会での挨拶を考えていた。
テギョンへ状況を問うヨンソクは、外に男が居た事をテギョンへ伝える。

さらにテギョンの家へヒョンジが押し掛けてきて父の居場所を問う。
追い出されたヒョンジはテギョンへ対する警備を強化するよう指示を出すのだった。

テギョンとヒョンジの会話を聞いていたジェハンは悩み続けるのだった。
ダユルが居ない事に寂しさを訴えるスジン。
ドンジュンが宥めるも、兄の異変を感じ取っていた。

ソニョンの代わりに総会へ出席する事に決めていたハウン。
会社の財産を取り出していたドンジュン。
部屋から出てきたところを襲われ、連れ去られてしまうのだった。
テギョンはジェハンを救急車で移送させるふりをする。
見張りの者が居なくなったところでジェハンを連れ出すテギョン。

そして総会会場にはソニョンの委任を受けたハウンが現れる。
事情を問い質し、指示を強めるヒョンジ。

総会が開かれヒョンジ一人のみが会長候補として残っている事を説明する司会者。
ハウンが疑問を抱える中、テギョンに連れられたジェハンが姿を現して異議を申し出ると…。
 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-みんなキムチ-全話一覧はこちら

みんなキムチ119~120話   みんなキムチ123~124話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ