六龍が飛ぶ-あらすじ全話!10~12話

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ全話!10~12話
六龍が飛ぶ

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ全話の10~12話のネタバレです!

【スポンサード リンク】

 
イ・ソンゲとイ・インギョム…
これは最後まで対立してしまう運命なのだろうか。
悩みに悩んだホン・インバンも、突然の襲撃を食らってしまい
どうなってしまうのでしょうか?
ではお楽しみください♪

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ

~第10話~

チョン・ドジョンは、なぜかやるせない気持ちでいっぱいだった。
面白半分でこの世の中をかき回しているだけなのでなないのか・・・。

そして襲ってきたのは誰なんだろうと、気が気ではなかった。
洞窟に向かうと、置き手紙があった。
差出人が俺を襲った奴なのか・・・?

イ・インギョムもまた、同じ気持ちだった。
一方、イ・ソンゲは、『安辺策』を中止させたいと思っていた。

しかし、誰の力も借りたくなかった。
そんな頃、タンセは、『お前の言いなりになったがために
この国が破滅に向かっているんだ』とチョン・ドジョンに吐き捨てると、どこかへ行ってしまった。

バンウォンは『安辺策』を偽造したことをチョン・ドジョンに話すと
そんなものは必要ない!と罵倒される。

~第11話~

イ・ソンゲは、ホン・インバンとキル・テミとの間で、秘密の約束を交わしていた。

ある日、バンウォンが逮捕された。
『安辺策』のことで、ホン・インバンと秘密裏に約束を交わしていたことが発覚して。
そこでホン・インバンは、キル・テミに事実を話した。

『バンウォンとはただ、会っただけだ』と。
キル・テミも言う。『拷問に遭えば、バンウォンはすぐ吐いてしまうから、その前に殺そう』と。

そして、ヨニに対して、イ・インギョムのことを探るように指示した。
案の定、イ・インギョムはホン・インバンに成り代わり
アリバイを捏造してバンウォンの家に隠していた。

ここが捜索にあえば、ホン・インバンは終わったも同然。
しかし、そうはうまくいかない。
逆に、ヨニがそのアリバイを抜き取り、チョン・ドジョンに手渡した。

翌日、バンウォンの部屋では、ヨニが代わりに置いていったアリバイが見つかり・・・。

そして、イ・ソンゲ軍が大勝した。
 

【スポンサード リンク】

 

~第12話~

ナム・コルトンは、イ・インギョムとつるんでいるわけではなかった。
後からわかったことだが、本当はチョン・ドジョンとつながっていたのだ。

ナム・コルトン、本当の名をナム・ウンと言う。
チョン・ドジョンは、自分のためなら何でもやる男だ。
あらかじめ仲間であるチョン・モンジュを
拘束中のバンウォンの取調官に任命するように手まわししていたのだった。

そんな頃、例のアリバイがすり替えられていたことに気付いたイ・インギョムは
わけがわからなくなり茫然とする。

一方、イ・ソンゲは、チョン・ドジョンの元へ。
『俺には守らなければならないものがたくさんある。協力してくれないか。』と。

一方、イ・インギョムは、本当に調べる必要があるのはイ・ソンゲなんだと主張する。

しかし、タイミングが悪かった。
イ・ソンゲがヤクサンが連れてやってきたのだ。
アリバイをすり替えたのは自分だと話すヤクサン。
そしてバンウォンが取り調べの場所へ連れてこられた。

するとそこには、チョン・ドジョンの姿が…

 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-全話一覧はこちら

六龍が飛ぶ7~9話   六龍が飛ぶ13~15話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ