六龍が飛ぶ-あらすじ全話!4~6話

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ全話!4~6話
六龍が飛ぶ

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ全話の4~6話のネタバレです!

【スポンサード リンク】

 
う~~~ん。
まだ私には少しお話の内容が見えてこないのですが…
あの謎の文書。
一体あの文書は誰が書いたものなのか。
そして、キル・テミはなぜあのホ・ガンの父の土地が必要だったのか。
色んな謎はこれから少しづつ見えてくるのかな。
ではお楽しみください♪

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ

~第4話~

バンウォンは決めた。俺は心を入れ替える!

そんな頃、タンセはキル・ソンミの元へ。
母を探しているのだ。と、そこへ偶然、チャン・サムボンがやってきた。

彼も人を探している。大事な愛弟子を殺されたからだ。

一方では、倭寇が攻撃を仕掛けてきていた。
しかし、今の国に戦える力は残っていない。それなら民を使おうと、ホン・インバンは思った。

功績をあげた者には、土地を与えると…。
ついに、タンセのいる村にも攻撃の手が。ヨニがさらわれた。

タンセはヨニに想いを寄せていたのだが、どうすることもできず
ただただ身体が硬直して身動きすらできなかった。

そんなタンセにブニは、『助けに行かないなら、一緒に死ぬべきだったんだ』と罵倒されて…。

タンセは自殺しようとしていた。
しかし、チャン・サムボンに救われる。

6年が経ち、バンウォンもまた、生きる喜びを見出せなくなっていた。
そんな中、ペク・ユンが殺された。やったのはタンセ。

~第5話~

租税が9割に!残酷すぎる。
そして、ペク・ユンが殺されたことが明るみに。

ホン・インバンは、ペク・ユンに見張りをつけていたのだが
その見張りでさえも、犯人の姿を見ていなかった。

ペク・ユン派のボスなき今、ホン・インバンは自分がボスになってやろうかと、密かに思っていた。

そこで彼は、ペク・ユン派のキーマンである3人を呼び出し
ペク・ユンのイソ郡の土地を3人に与えると話した。

一方、イソ郡では、ブニ指導の下、畑を耕しているところだった。
ブニもまた、チョン・ドジョンの指導を受けて、ここまでこれたのだ。
しかし、そんなささやかな生活も、長くは続かなかった。

今まで隠していた収穫物が、見つかってしまったのだ。
持っていかれまいと抵抗すると殺された。逃げるブニ。
しかし、倭人のふりをした高麗人に捕らえられてしまう。

そんな頃、倭人が出るという噂を耳にしたバンウォンは、イソ郡に来ていた。
そしてブニたちを救出する。
 

【スポンサード リンク】

 

~第6話~

ブニは、チョン・ドジョンを探して、イ・ウンチャンの元へ。
タンセも、ホン・インバンも、イ・ウンチャンを探していた。

そして、イ・ウンチャンの店にやってきたのは、ブニだった。

チョンリョンの部下たちは、ブニを荷車に乗せると、一目散に寺へ向かった。
バンウォンがその荷車とすれ違う。

それを見た瞬間、荷車で運ばれているのはブニだと思った。
腕の傷からわかったのだ。ブニを助けるために、慌てて寺に向かう。

寺ではブニが、チョンリョンから暗号の解き方を追求されていた。

紐に暗号が書いてあるのだ。ブニは答えない。
バンウォンが寺に到着すると、そこにはホン・インバンがいた。
もう、誰と誰が仲間なのか、敵なのか。争いに紛れて、ムヒュルがブニを救出した。

ちょうど、タンセとチョンリョンがやりあっている間に。
イ・ウンチャンは、もう息絶え絶えで、バンウォンに暗号の書かれた紐を託した。

そこには、『咸州に集まれ。イ・ソンゲの民になれ』と…。

 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-全話一覧はこちら

六龍が飛ぶ2~3話   六龍が飛ぶ7~9話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ