六龍が飛ぶ-あらすじ全話!43~45話

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ全話!43~45話
六龍が飛ぶ

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ全話の43~45話のネタバレです!

【スポンサード リンク】

 
タンセも母と再会することができましたね。
でもその理由などは教えてもらうことはしてもらえず
チョン・ドジョンと手を切れなんて…
そんなにドジョンの目指す国とは無謀なのか…
そして、朱隷というやつはバンウォンと近い境遇で
過ごしてきたみたいですが彼も中々人の命を簡単に落としてしまう
人なんですね…
ではお楽しみください♪

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ

~第43話~

軍の実質的指揮者となったチョン・ドジョンは、軍制度の見直しに手を入れ始めた。
まずは私兵の排除だ。
彼らの軍旗を焼き、反発する者は残らず捕まえた。

そんな中、バンウォンたちが戻ってきた。
待ってましたとばかりにバンウォンの元へ詰め寄るタギョン。

『留守中、冸村に武器を隠しておきました。あそこなら官軍も手出しできませんので。
ムヒュルの祖母の店の裏の蔵です。
ヨンギュが管理しています。』とバンウォンに報告した。

ある日、ムヒュルたちが明に捕まった。
容疑は、明でバンウォンを世子だと言っていたこと。

しかし、実際のところ。
バンウォンが出来すぎて世子だと誤解されていただけなんだが。
そのことを知ったチョン・ドジョンは、これはチャンスだとばかりに、バンウォンをまたへき地へやろうとする。
しかしバンウォンの方が一枚上手だった。

ヨンギュを伴い、直接世子の元へ。
すると世子はイ・ソンゲに、兄を許してもらえるよう懇願したのだが…

~第44話~

明への悪評が広まりつつある中、チョン・ドジョン自身に
明で釈明させるべきだと言う意見が多数あがるようになる。
『言って話せばわかってもらえるはずだ。

誤解を解かないと、明から根性なしと言われてしまうぞ。』と言われ、もう行くしか収集がつきそうにない。
しかしイ・ソンゲは、チョン・ドジョンを明に行かせず、彼を除いた3人を明にやると決めた。
チョン・ドジョンもこれらの責任を取って、すべての職を辞任する。

一方、チョン・ドジョンが密かに遼東征伐を企んでいるのではないかと、バンウォンは考えていた。
私兵を排除するためには、遼東征伐はいい考えだ。
しかし、チョン・ドジョンとイ・ソンゲの考えは違った。

遼東征伐は私兵を廃止するためのカモフラージュ。
実際にやろうとは思ってもいなかったのだ。
そんな中、皇帝が危篤との知らせが。
ならば本気で戦おうかと…

 

【スポンサード リンク】

 

~第45話~

バンウォンは自己嫌悪に陥っていた。
俺は自分では何もできない。
明の力に頼って、チョン・ドジョンを破滅させようと考えていた。
しかし、彼は違う。

彼はその明と戦を始めようとしているんだ。
ついに、イ・ソンゲが遼東征伐を発表する。
そして訓練参加を皆に伝えるが、参加者はなし。
命令に背けば罰せられれるのに…。

しかしイ・ソンゲは企んでいた。
処罰はしないから、訓練に来なさいと伝える。
彼の本当の狙いは、私兵の処分だ。

そして皆が家を空けている隙に、武器や私兵リストを奪うことだった。
そんな中、タギョンはどうも変だと違和感を感じて
あらかじめ武器を冸村の蔵に隠しておくよう、ヨンギュに頼んでいた。

ヨンギュが蔵に向かうと、そこには先王の息子であるウノがいた。
とそこへ、ユルランが!

ヨンギュはユルランに斬りつけられ、その反動でウノに剣が!
ウノもヨンギュも死んだ。

バンウォンは目覚めた。
チョン・ドジョンもバンソクもこの手で殺すと言い放ち…
 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-全話一覧はこちら

六龍が飛ぶ40~42話   六龍が飛ぶ46~48話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ