六龍が飛ぶ-あらすじ全話!49話~最終回

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ全話!49話~最終回
六龍が飛ぶ

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ全話の49話~最終回のネタバレです!

【スポンサード リンク】

 
ついに最終回です。
チョン・ドジョンもバンウォンも国を変えたいだけ。
でもその方向性が違っただけなんですよね。
チョン・ドジョンを殺してしまい、ついに王の前へ!!
イ・ソンゲは結局バングァに王の座を譲ってしまいましたが
最後の結末はどうなってしまうのでしょうね。
ではお楽しみください♪

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ

~第49話~

夢が実現した今となっては、あの頃が懐かしく感じる。
冸村の村人たちは、チョン・ドジョンに加勢した罪で、拷問を受けていた。

一方、官軍に追い詰められ負傷したタンセが、母親に助けられる。
『バンウォンは心を持っていない。自己中な彼は、絶対にムミョンも捨てるだろう。』と。

ある日、ブニは、『冸村の村人たちを、どうにか助けてやってくれないか。助けてほしい」と
バンウォンに懇願するが、あっけなく断られる。

ならばと、『では、皆でここから出ていきます。武器を隠したのは村人たちを思ってやったことです。
あなたの望みとおりにしますから、村人たちだけは助けてください。』と話した。
バンウォンは後悔していた。

力で人のものを奪う人だけにはなりたくなかったのに、今の自分はなんてざまだ。
そしてバンウォンは、冸村の村人たちを、北方で捕虜として使っていることにして開放する。
ブニは冸村の村人たちと旅立つことに。

そんな中、ユルランの正体はチョク・サグァンであり、バンウォン殺害を計画していることを耳にする。
 

【スポンサード リンク】

 

~最終回~

ブニは、バンウォンに、身の危険が迫っていることを知らせなければと、急いで彼の元へ。
するとそこには、母親の姿が。

なぜ?
どういうつながりなのか気になる。
危険をどう知らせようか悩んだ末、虫を吐き出すようにと伝える。

するとバンウォンは、ブニが何を言いたいのかハッと気づいて、慌てて外へ飛び出した。
しかし遅かった。

まわりには敵が!
そこにはタンセ、チョク・サグァンの姿も。

バンウォンはなんとかそこから脱出するが、そこにキル・ソンミが。
やっとのことで、ムヒュルが到着。

バンウォンとブニは、官軍に援護され、無事に帰ることができた。

一方、残ったムヒュルは、キル・ソンミを殺し、チョク・サグァンの後を追う。タンセも加勢。

やり手のチョク・サグァンでも、ふたりがかりでこられては歯が立たず、殺される。
それぞれの新しい生活が始まった。

バングァは、バンウォンに王の座を譲るのだった…

~完~
 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-全話一覧はこちら

六龍が飛ぶ46話~48話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ