六龍が飛ぶ-あらすじ全話!31~33話

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ全話!31~33話
六龍が飛ぶ

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ全話の31~33話のネタバレです!

【スポンサード リンク】

 
なんと、タンセの母親が生きていましたね。
合言葉を使って子供と縁を切る覚悟までして離れたみたいだけど
一体何のためなのか。
そして、実際にその合言葉を使ってみたブニ・・・
一方で、バンウォンはついにチョン・ドジョンに見切りをつけてしまい・・・
もうみんな人間不信すぎる。
イ・ソンゲの元にも刺客が耐えなく来るし、実は男だと思ってた人が
女だったり。笑
ではお楽しみください♪

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ

~第31話~

バンウォンは、これ以上チョン・ドジョンについてはいけないと感じた。
チョン・ドジョンはどう思っているのだろうか?
なにかしらの違和感を感じているだろうが。

チョン・ドジョンの理想とする国は、とても壮大なものらしい。
チョン・ドジョンを説き伏せるのはもう無理なんではないのか?と
チョン・モンジュの心は折れそうだった。

自らが新しい国の大臣にはなれない。
そして高麗を守ると決めたチョン・モンジュ。

彼はまず王に対して、『土地改革を早く行いましょう。
このまま世の中に流され続けているだけでは、イ・ソンゲたちに勝てません!』と活を入れる。

一方、バンウォンは、チョヨンに対して、これからはムミョンのサポートに徹すると話すと
『もう私の出る幕はない。
私はただこき使われて捨てられるだけだ。』とうなだれ…

~第32話~

バンウォンがムミョンに呼び出された。
そこにはムミョンの他に、訝しげな頭巾を被った女がいた。

誰なんだろうと気にしながらも、ムミョンから矢継ぎ早に質問を受ける。
チョン・ドジョンは何をしようとしていたんだ?

逆にバンウォンは、ヨニャンの消息について尋ねた。
実は、彼女の子供が探しているんだと。
目の前にいるとは知らずに。

頭巾をかぶった女が、ヨニャンだった。
彼女は先日、ムミョンの元から逃げ出していたのだ。
すぐにユクサンが見つけ出してきたのだが。

一方、土地の調査の状況は、小康状態。
民衆への土地の分配が、一体いつになるのやら。
そんな中、反対派が立ち上がった。
彼らは民衆に向かって、『チョン・ドジョンに騙されるな!
奴はイ・ソンゲ将軍を踏み台にして、用がなくなったら切り捨てるはずだ。』と訴えた。
そしてチョン・ドジョンは、強硬策に出る。

土地台帳を燃やせば、すべてやり直しだと話し…

 

【スポンサード リンク】

 

~第33話~

ブニが母親と再会した。
しかし、ブニ=ムミョンは全然嬉しくはなかった。
逆に迷惑で。
私のこのざまを見て、母親は実のところ、どう感じているのだろうか。
ムミョンは母に対して、『もう私のことはほおっておいて。
第2の人生を歩んでいるから、私は大丈夫。探されると逆に辛くなるから。』と。

一方、バンウォンは、ムミョンを探していた。
ある日、彼は、ダジョンから、『なぜそこまでムミョンに執着するのか?
このままチョン・ドジョンの手足となり、ムミョンを探し続けるのか?』と尋ねられると、彼は話した。

『新しい国は、このままではチョン・ドジョンの国になり、俺たちは捨てられてしまう。
そうさせないためにも、ムミョンの力が必要なんだ。』と。
そんな中、チョン・モンジュがチョン・ドジョンに圧力をかけようとしていたが…
 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-全話一覧はこちら

六龍が飛ぶ28~30話   六龍が飛ぶ34~36話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ