スベクヒャン-あらすじ全話!10~12話

韓国ドラマ-スベクヒャン-あらすじ全話!10~12話
スベクヒャン

韓国ドラマ-スベクヒャン-あらすじ全話の10~12話の
ネタバレです!
父も、恋人も失ってしまったチェファはくじけそうになりましたが
お腹の子供のために生きようと思い直し、一緒に伽耶まで逃げてきたクチョンと
ともに懸命に暮らします。
無事出産したチェファの子はソルラン。
耳と口が不自由ながらも一生懸命チェファを支えるクチョンとの間にできた
子と新しい生活が始まりそうですね!
それとユンも、トンソン王の遺言?に従い、王としての役割をしっかり果たそうとしています。
話はここから一気に17後の話に飛びます。
ではお楽しみください♪

【スポンサード リンク】

 

韓国ドラマ-スベクヒャン-あらすじ

~第10話~

17年後の伽耶の地…
クチョンとチェファは変わらず、貧しい暮らしを続けていたが幸せな日々を過ごしているようですね。
成長した二人の娘、姉ソルランと妹ソルヒも仲良く育っています。
一方、太子ミョンノンの成長を誇らしく思っていたムリョン王。
ミョンノンは先日捕えられたポルグムという男が高句麗からの密偵である事を見事に暴いているというキレ者に。
その成果により、ムリョン王はミョンノンへ百済最高の謀報団であるピムンを使えるよう紹介し、一人前の太子を認めていたのでした。
しかし、実子であるチンムに対しては悩みを抱えている様子。
すっかり遊び人になっていたチンムは亭主を持つ女人と通じ、宮中に騒ぎを起こしていた。
ありゃりゃ…
そんな中、ミョンノンはピムンから報告を受けて王の側近を招集するのですが…

~第11話~

謀報団ピムンを使い、ポルグムが高句麗の密偵であることを暴き出したミョンノン。
そんなミョンノンにムリョン王は称賛。
そして対照的に遊んでばかりのチンムを酷く叱りつける。
チンムは自分の父がトンソン王だとして育てられているんです。
二人の息子が入れ替えられている事実を知るホン内宮から苦言を呈されたムリョン王は、
ソネ王妃の病死後に新たな王妃となったネスクの娘ウネに会いに行きます。
しかし、未だチェファのことが忘れられずに過ごすムリョン王でした。
そして、ミョンノンの功績を称える宴会でのこと…
ムリョン王は、名君であるトンソン王に学ぶようにと、更なる追い打ちを掛けます。
それを聞いて怒りに震えるチンム。
チャンスがすぐ訪れるように…とヨン・ブルテがチンムへ悪知恵を働かせる…

~第12話~

ソルランとソルヒは山で道に迷い、ならず者に襲われそうになっている。
二人の姉妹は一緒に逃げようとするが、転んでしまったソルランを置いて逃げてしまったソルヒ。
そこへクチョンが現れ大事にはならなかったソルランだったが、それを機に姉妹の関係は悪化してしまうんですよね…
ソルランは裏切られた気持ちになってしまったんでしょうか…
いざとなったら、助けてくれないと思ってしますと。信用も失ってしまいますよね。泣
ある日、ムリョン王が伽耶へ訪問することが決まるんです。
チンムとブルテは、伽耶訪問の道中でムリョン王を暗殺しようと企てる…

 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-スベクヒャン-全話一覧はこちら
 

【スポンサード リンク】

 

スベクヒャン7~9話   スベクヒャン13~15話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ