韓国ドラマ-太陽を抱く月-あらすじ全話!6~7話

韓国ドラマ-太陽を抱く月-あらすじ全話!6~7話
太陽を抱く月

韓国ドラマ-太陽を抱く月-あらすじ全話の6~7話の
ネタバレです!
ヨヌなくなっちゃいましたね↓
フォンはとっても辛そう…。
脱走してまで会いにいって、自分の無力さを知ったフォンは
何もできない自分に涙を流していました。。。
その後のフォンはどうなってしまうんでしょうか??
では続きをお楽しみください♪

【スポンサード リンク】

 

韓国ドラマ-太陽を抱く月-あらすじ

~第6話~

ついに呪いで命を奪われてしまったヨヌ。
葬儀が始まり、棺に入れられて埋葬されることに。
葬儀にはヤンミョン君も来ていたのですが、ヨヌの最期を見届け号泣してしまう。
フォンは悲しみにくれ、葬儀にはきませんでした。
葬儀の様子をヤンミョン君に尋ねると、ヤンミョン君から
ヨヌが追い出された時も、葬儀の時もあなたは何をやっていたのですか?
ヤンミョン君に責められることに…。
しかもヤンミョン君はヨヌの事が好きでした。
その悔しさもあって、私なら命懸けで守りました。来世では必ず守ってみせます。
とフォンに伝え、その場を去っていきます。

ヨヌは亡くなったと思っていましたが…
まさかの事態が発生!!
なんと埋葬されたヨヌは生きていたのです!
夜中に仮死状態から目覚めたヨヌ。
棺の中で恐怖に怯えるのですが、ノギョンが墓を掘り起こし、救出されます。
ですが、ヨヌに今までの記憶が全くない様子。
そんなヨヌにノギョンがあなたは巫女ですと過去を忘れるように告げるのでした。

一方、世子嬪ですが、宮廷ではあのままポギョンがその座に就任。
それから年月が経ち、成祖の後を継ぎフォンは国王になったのです。
宮廷では、以前にも増して大王大妃ユン氏とデヒョンが勢力を増している…。
フォンはそんな彼らに対し敵意全開。
フォンはポギョンに対し、
「あなたの家柄は望むものを全て手に入れれるが、私の心は絶対に手に入れらない」と
ポギョンに対し心を開かないのです。
一方、ミナ王女はヨムを手に入れました!心躍る日常。

掘り起こした一部始終を見ていたソルと一緒に、
記憶を失ってノギョンに連れ去れていかれたヨヌは…。

~第7話~

ヨヌはノギョンに
知らない男が訪ねてきても縁を結ぶなと警告される。
間もなく、国王の行列が通ると知ったヨヌは行列を見てみたいという気持ちが
ではじめ、ソルが引き止めても無視して行列見学を見ようとします。
国王が通る時は皆はひれ伏さなきゃなりません。
たまたま、ヨヌのもとに蝶々が飛んできました。その偶然から思わず顔を
上げてしまい、フォンの顔を見てしまうことに…。
するとなぜだか、ヨヌの目に涙が溢れ出します…。
そんなヨヌの姿をヤンミョン君が見つけ驚愕します!
ソルに引っ張られて逃げるヨヌを追いかけるんですが、見失ってしまいます。

ヨヌはフォンを見たことで記憶の一部を取り戻しつつありました。
一方、お忍びでウンと共に視察に出たフォン。
ヨヌの幻影を目撃し、山中で道に迷ってしまうことに。。。
そこには、ノギョンを迎えに言っているヨヌとばったり遭遇してしまうのです!!
あまりにヨヌに似過ぎている…。
何者かと尋ねると巫女だといい、名前はないという。
動揺するフォンを山小屋へ案内するヨヌ。
フォンは別れ際、ヨヌに対し名前がないというのでウォルと名付けその場を去ることに。

その後、宮廷に戻ったフォン。
なんとデヒョンの使いの巫女の呪いで苦しめられることになります。
ウンも山中でヨヌとあっていて、ヨヌが何かを隠している気がしてならないと
思い、馬を走らせヨヌといった山小屋へ向かいますが、そこにはヨヌの姿はありませんでした。

一方、フォンの病を治すために大王大妃ユン氏がノギョンを宮廷に呼び戻そうとしています。
ユン氏の命を受けてフォンの元に向かった使者はなんと……。
 

【スポンサード リンク】

 
太陽を抱く月の概要、キャスト、初回あらすじはこちら
 
太陽を抱く月-全話一覧はこちら
 

【スポンサード リンク】

 

←太陽を抱く月3~4話   太陽を抱く月8~9話→


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ