夜警日誌-あらすじ全話!14話

韓国ドラマ-夜警日誌-あらすじ全話!14話
夜警日誌

韓国ドラマ-夜警日誌-あらすじ全話の14話の
ネタバレです!
ついにムソクに伝えることができた妹イナ。
イナは、このままだと自分自身が病気をばらまく悪になってしまうと
精一杯自分の気持ちを伝えたことによって、やっと戦うことを決意したムソク。
そして、夜警人となったリン、トハ、ムソク。
イナは自分のピンチを伝えてから再び操られ、ムソクに襲いかかる!!
サンホンは、龍神たちが何を望んでいるのかを突き止めることができたら
勝利の道も開けると話していますが、はたしてその“望むもの”は
リン達は見つけることができるのでしょうか?
サダムは刻一刻と龍神の封印を解くために準備を急いでいます。
リン!!トハ!!ムソク!!頑張れ~~
ではお楽しみください♪

【スポンサード リンク】

 

韓国ドラマ-夜警日誌-あらすじ

~第14話~

ムソクの首を絞めている操られているイナの霊。
リンがお札を使ってイナに掛けられた術を解き封印した。
これ以上悪鬼にならなくてもいい、とイナに伝えるリン。
その言葉にイナは穏やかな姿になった。

リンはイナの言葉をムソクに伝える。
あったかいお兄様が冷たいふりをしている姿は心が痛む。
だからそんなことはせず、幸せに生きてください…
とてもあたたかい、お兄様の手…イナはそう言って、穏やかな顔で消えて行った。
一足遅かったサダムは、結界が破られた現状を見てまさか…と呟く。

回復した大妃は宮殿に向かう。

ムソクは、イナがどこかで暮らしていると思えるようになったとトハに話した。
これまで、邪道とは弱った心に入り込んで人を惑わすだけのものだと思っていたというムソクは
たくさんのことが分かったと言い、君主が持つべきものではないかとさえ思うようになったと話す。

一方、サダムは領相に、月光(リン)が夜警軍を結成したようだと告げた。
夜警軍を捕まえ、王に圧力を加える方法があると持ち掛ける。

リンはキサンに大妃を連れて戻ったことを報告する。
キサンの後ろに立つ霊に気付くリン。
キム尚宮の霊だった。
そこへやって来た領相。
キム尚官の霊は、入って来た領相を鋭く睨みつけた。

領相はキサンに、夜警軍の事を鬼神を使って前王を狂わせたものたちだと話す。
そんな夜警軍をリンが再び結成したのだと報告する。
キサンは夜警軍を捕まえて連れてくるよう命令を下す。

サンホンはサダムが龍神の封印を解いてしまう前に龍神を退治するようリンとトハに言う。
龍神のもとに神弓があるのだが、それを持ち出すことはサダムが許さないはずだと言う。
サダムの目指す目的は、龍神を蘇らせ獣に人間を喰らわせて朝鮮を龍神族の国にすることであり
そうなれば人間は家畜のように生きることになるとサンホンは言う。
トハは龍神族がどんなに残酷な種族であるかを知っていた。
トハは両親が龍神族によって殺されたと話す。

そんななか、官軍が夜警軍を捕まえるためにやって来る。
だが何も見つけられずに帰って行った。
キサンがそれを知ると、あの日のことが知れると領相もまずいのではないか?と
領相に揺さぶりをかけた。
白を切る領相。

キム尚宮は大妃を一番憎んでいる様子。
大妃は王室のためだと言っては、これまでたくさんの罪を犯してきたようだ。

サダムは塔の建設を急ぐよう領相にかけよった。
もうすぐ龍神の封印が解かれるようだ。

キサンはサダムに、彷徨う自分が殺めた霊たちを阻止するよう命令した。
サダムはそのためには高い仏塔を建設する必要があるとキサンに言う。
キサンは塔の建設を命令した。
塔の名は泰平蒼天の塔。
キサンのその命令に領相はなぜか反発しない。
そんな領相に臣下たちは驚いている。

キサンが下した塔の建設。
サンホンはサダムが宮殿にて龍神を昇天させるつもりであることを察した。
夜警軍の三人は蔵書閣にある秘密の部屋に向かう。
そこには結界が張られていた。
そこにいたのは元夜警軍。

結界を解いたリン。
なんとそこは塔の建設現場だった。
サゴンと仲間のチェ氏が現場を調べていた。
そこで二人は襲われたという。
襲ってきたのは元夜警軍だったとサンホンに告げるサゴン。

サンホンは、怨霊とは持っている怨念が拒まれると悪霊に変わることがあると話す。
彼らの持つ怨霊が利用されたとしたら大変な事態を引き起こすかもしれないと口にした。

リンはトハに、漢陽へ来た理由はサダムを探すためだけなのかと聞く。
トハがここにいる理由が自分だったら嬉しいのだがと気持ちを打ち明ける。
そこへムソクが入り邪魔をする。
ムソクはリンにトハが好きなのかと聞いた。

リンが責任を持てる相手ではないと言い、始めることをやめるよう伝えるムソク。
リンはもう始まっている、もうだいぶ来てしまったと答える。
これまで自分はは責任などは持たずに生きて来た、だがトハの事には責任を持つと言うリン。
リンの口から責任という言葉が出たことに、他の事から始めてくれればいいのにと言うムソク。

そんななか、霊のソン内官が霊のランと左相に話をしている。
怨念を晴らし、極楽浄土をしてくれるという人の話を聞いたという。
霊たちが皆その人のもとへ向かっているというのだ。
霊のソン内官は様子を見てくると、ランの制止も耳に入らず行ってしまった。
極楽浄土を祈ってくれる人…それはサダムだった。
たくさんの怨霊たちはサダムに付いて行ってしまう。
それを見たソン内官は報告に戻ろうとする。
だがそこにいたキム尚宮の霊に気付いた。

霊のランはソン内官が帰って来ないことをリンに告げた。

一方、スリョンは梅蘭房に来ていた。
友人に梅蘭房には願いを叶えてくれるという術使いがいると聞いたスリョン。
スリョンの友人たちはリンに裏切られスリョンは怨女になったと噂をしていた。

ムソクの家に向かったスリョン。
ムソクといるトハの姿を見て、どうして怪しい巫女と一緒に居るのかとムソクを責めたてる。
スリョンはトハに酷い言葉を投げかける。
やって来たリンを嫉妬の目で睨み付けるとスリョンは出て行った。
再び梅蘭房を訪れたスリョンは、サダムにリンの心が欲しいと伝えた。
サダムはその見返りにトハが欲しいとスリョンに伝える。

一方、梅蘭房のヨンウォルは過去の事を思い出せなくなっていた。
自分のことも分からなくなり取り乱している。
ヨンウォルは自分に何をしたんだとサダムに攻め寄った。
そんなヨンウォルにサダムが術を掛けるとヨンウォルは気を失った。

そんななか、建設中の塔の工事現場から、血で書かれた遺書が見つかる。
そのことは領相に知らされた。
領相はすぐさま遺書を始末するよう部下に指示をした。
だがサダムの手下によって遺書が奪われてしまった。

一方、キサンのもとでキサンの幻が脅しにかかる。
キム尚宮の霊はキサンの秘密をばらしに出て来たに違いないと。
皆がそれを知ってお前を王と認めるだろうかと言うキサンの幻。

キサンはサダムを呼びつけ、キム尚宮の霊を処分しろと言ったじゃないか!!と憤る。
サダムは、キム尚宮を処分できるのは自分しかいないと言い反発的な態度に出た。
王の秘密が振れ回るようキム尚宮の霊を放っておきましょうか?と言うサダム。

キサンは慌てて領相を呼ぶと、焦りを打ち明ける。
キム尚宮の霊が、あの時自分たちがやったことを振れ回ると困ると言う。
あの時、前王に嘘をついたのはキサンだということをキム尚宮は知っていると言う。
そしてキム尚宮を処分したのは領相だろうと言うキサン。
領相はキサンが何のことを言っているのかわからないとふてぶてしく白を切る。

チェ氏たちが、血で書かれた遺言が見つかったとリンに伝える。
だがその内容は不明だという。
サダムは血の遺言を手にした。
サダムは手下にこの遺言をリンに渡すよう指示をした。
リンの屋敷の前に置かれた血の遺言。
リンはそれを読むと驚愕する。

血の遺言にはリンの母の文字があった。
母は息絶える寸前に死の真相を自分の血でしたためていた。

”リン、願いが叶うのならもう一度リンの頬に触れたい
願いが叶えばどれだけよいことか
母はリンに会えずに逝く
全てが悔しい
リンは無事でいるように、怪我をしないように
母が見守っている”

中宮のもとへ駆けつけたキム尚宮に、血の遺言を渡し死んでいったリンの母。
キム尚宮はそのあと、領相と手下に殺された。
その前に中宮の遺言を柱に隠していたのだった。

怒りに満ち溢れたリンは領相の屋敷に向かった。
ムソクがリンを止める。
リンは、狂気に狂った父が母を殺して父は自決したと言ったのにそうではなかったと叫ぶ。
そこへ領相が姿を現すのだったが…

 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-夜警日誌-全話一覧はこちら
 

【スポンサード リンク】

 

夜警日誌13話   夜警日誌15話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ