夜警日誌-あらすじ全話!16話

韓国ドラマ-夜警日誌-あらすじ全話!16話
夜警日誌

韓国ドラマ-夜警日誌-あらすじ全話の16話の
ネタバレです!
やっぱり、ヨンウォルはトハの姉でしたね!!
でも記憶を失ってしまっているし、サダムの術でまたも
自分の真相には遠ざかってしまった。
そんな中、リンがほしいと以前の心優しいスリョンではなくなってしまった
スリョンは完全に父の味方に…
少しづつ色んな謎が解き明かされる中、サダムの計画も進み見ごたえあるー!
ではお楽しみください♪

【スポンサード リンク】

 

韓国ドラマ-夜警日誌-あらすじ

~第16話~

眠っているリンに抑鬼が邪気を念じる。
赤黒い気がリンに送り込まれる
リンは霊の三人に起こされ、どうした?と言うのだが、そのまま眠りについてしまった。

塔の建設に民が疲弊を感じていることをリンはキサンに伝える。
だがキサンは、塔の建設の責任者をリンに任命した。
戸惑うリン。

大妃は塔の建設に間違いが起これば、キサンとリンは失墜すると言う。
サダムのせいで心配だと領相に言う大妃。
領相は左道であるものなのだから見過ごすようにと言う。

サダムが進める塔の建設を阻止しようとしていた自分が塔の責任者になるとは…と嘆くリン。サンホンは、今は我慢するようリンを諭す。
夜警軍に入るよう頼まれていたサゴンは、自分はただの書記係だと拒んだ。

そんななか、梅蘭房のヨンウォルの姿が見えなくなった。
ヨンウォルを心配するトハとムソクは梅蘭房を訪ねる。
ムソクはここはサダムがいる場所で危険だと言う。
トハは心配だから確認したいと言う。トハの頑固さは止められないと言って
ムソクはトハを手伝い塀を乗り越えた。

トハはヨンウォルを見つけた。無事でよかったと安心するトハにヨンウォルは何の話かわからないとトハを追い出した。
トハはまるで別人だったとムソクに伝える。
ムソクはヨンウォルの無事が確認できたのだからもう構わない方がよいと言う。

サンホンは、もう二度と梅蘭房を訪ねてはいけないと釘を刺した。
ヨンウォルは危険だという。

領相とサダムが話をしている。
領相は、キサンとリンを倒す手段をサダムに聞いた。
サダムは、キサンとリンが兄弟で争うことになれば、王室は崩壊し領相のものになると言う。
領相はキサンは倒せてもリンはどうするのかと聞く。
サダムはそのうちわかると意味深に言った。

サダムは抑鬼の力を使ってリンに邪気を送っている。
キサンがそそのかして領相が殺した。キサンを殺せ!闇の中から聞こえる声。
リンは刀を手に取りキサンのもとへ忍び寄る。
リンの顔は狂気に溢れていた。
王の座を取り戻すために来たとリンはキサンに刀を振りかざす。
キサンはリンに許しを請う。リンは迷いもなくキサンを斬り殺した。
お見事!こやつに王の資格などない。この国はリンのものだ!
死んだキサンを足蹴にするサダム…
駄目だ!!!苦しんで悪夢から目が覚めたリン。

一方サダムはキサンに、チェンドジェ(全ての鬼神を葬る儀式)をするよう勧める。
儀式をすればキサンの頭痛は治ると言うサダム。
キサンはサダムに従った。

宿の隠し部屋にて夜警軍が話をする。
リンは、突然チェンドジェをすることに疑問を抱いた。
他の目的があるのは確かだとし、止めさせなければならないと言う。
サンホンは、王命を止めさせる手立てはないと言う。
トハも王命が間違っているものならば止めないとと言う。
ムソクは、王命は覆せない、駄目なものは駄目なんだと席を立った。

一人外に出たムソクにサンホンが声を掛ける。
夜警軍に入ったことを後悔しているのですか?と聞くサンホン。
ムソクは妹イナの件から、鬼神への考え方が変わったと言う。
だが臣下として尽くすことができなくなったことが辛いと言う。
サンホンは、自分も王に仕える臣下だったと告げる。
驚くムソク。サダムの意志を倒し王と国を守ることが出来たら
キサンも聖君に戻るだろうと言うサンホン。

だがムソクは自分が鬼神の姿が見えないことを嘆き、そんな自分が夜警軍の役目を果たすことが出来るのかと言った。
サンホンはため息をつき、突然ムソクに斬りかかった。
ムソクはサンホンの刀をかわし、サンホンの腕を取った。
何の真似です?と言うムソク。サンホンは、かまわずムソクを斬りつける。
ムソクは剣を抜き応戦した。二人は剣を交える。

私の剣をかわす武術があれば夜警軍としてなんの遜色もないと言うサンホン。
羅針盤が無ければ鬼神がわからないというムソクに、サンホンは最初は自分も鬼神が見えなかったと告げる。
サンホンは、心を開きながら鬼神を退治していると見えるようになったと言い。
心配いらないと励ました。ムソクもいつか鬼神が恐れる夜警人なると言うサンホン。
ムソクはサンホンの言葉を胸に刻んだ。

一方、スリョンは大妃に薬を届ける。
大妃は喜び、リンの嫁になってくれるといいのだがと言う。
スリョンは、リンのために最善を尽くすと返した。
大妃はスリョンがリンを慕っていたことを知った。
宮殿から戻ったスリョンは、父である領相にリンを諦めないと宣言した。

リンは、ここのところ頭痛に悩まされていた。
トハは薬を進め、心配してリンの額に手を当てた。
リンはトハが心配してくれたので良くなったと、トハの手を握り返した。
トハもその手を握り返す。

そんななか、宮廷でチェドンチェの儀式が始まった。サダムが儀式を取り仕切る。
すると空が暗くなりだした。
通りに出ていたトハが、それが雲ではなく怨霊であることに気付く。
町の人々が黒い霊となって次々消えて行く。

ムソクが持つ羅針盤が反応を見せる。
黒い空から光が差し込む。黒い霊に変わって行った人々の霊が、サダムの持つ蛇の杖に吸い込まれていく。
リンは、サダムの狙いはこれだったのかと言う。
キサンは、全ての怨霊が消えたと喜んでいる。
集めた怨霊で龍神の傷を治す作戦だったサダム。
リンは大元を取り除くと言う。

だが、突如リンは激しい頭痛に苦しみだした。
リンは倒れた。ムソクはリンを屋敷に連れて行く。
リンを心配する霊の三人。リンはムソクに、大丈夫だからサダムの動向を探ってくれと言う。
戻ろうとしたムソクの羅針盤が動いた。

ムソクは自分には見えないが、リンを守る守護霊の三人のことを聞いたと言う。
羅針盤が示す方向にムソクは頭を下げると、リンを頼むと伝えた。
霊の三人もそんなムソクにお辞儀をした。

サンホンに、サダムの件を報告するムソク。
サンホンはリンを心配する。

苦しんでいるリンのもとをトハが訪ねる。
トハにランが、あの夜抑鬼が来た時から頭痛がするようになったと伝えた。
すると寝ていたリンの姿が消えた。

サダムと領相のもとに来たリン。
サダムは自分がリンを呼んだと言う。リンが領相に話があるようだと席を外したサダム。
リンは、領相に母が遺した血の遺言書を突きつけた。
リンは、遺書には領相が母を殺したことが記されていると言う。
領相はそれは誤解だと言う。

リンは自分は遺言を信じてはいないと伝え、これは兄弟を仲たがいさせる策略だと思っていると言う。
領相は自分に力を貸してくれたが、兄は何もしなかったと言うリン。
そしてリンは王の座を奪うと告げる。
そのために自分に力を貸してほしいと願い出た。
そうすれば、王室に忠臣として領相のことが記録に残ると言う。
そして、リンはスリョンと結婚すると言った。これで領相は国王の父となると言うリン。

リンからの予想外の提案に驚く領相。

サダムはリンの背後に憑く悪霊を確認した。
領相と十分話しましたか?と聞くサダム。
リンはサダムに、自分の配下になるのならば望みを叶えると伝えた。

トハとムソクがリンを探している。
ムソクには思い当たる場所があった。

リンはスリョンを呼び、これまで自分に尽くしてくれたことはわかっていると言い
もうスリョンを傷つける真似はしないと抱きしめた。
そんな二人の様子を見てしまうトハとムソク。
トハに気付いたスリョンは、これ見よがしにリンに抱きついた。
トハはいたたまれずその場を去った。

ムソクは、傷つくだけなのでリンを諦めるようトハに言う。
自分も分かっていると言うトハ。姉ヨンハを見つけて、白頭山に戻って巫女になると言う。
男を近づけることは許されないと知っていても、心が言う事を聞かないと打ち明けるトハ。
ムソクはトハにハンカチを渡すと去って行った。

ムソクはリンを待ち、リンの気持ちはどうなっているのかと問う。
何の事かと、はぐらかすリン。
リンに想いを寄せるものを傷つけることはやめるよう忠告するムソク。
トハことに責任を持つと言っていたが、傷つけていると言うムソクにリンは
王に誓った忠誠を捨てムソクは夜警人になってしまったんだなと笑い飛ばした。
君が信頼する王を裏切らないようにな!と言うリン。

リンを心配する霊の三人に、リンは暴言を吐き剣を振りかざし
明日の朝また目の前に現れた時には殺してやる!と言い放った。

霊のソン内官は、変わってしまったリンを見て泣いている。
霊の少女ランは、何かがおかしいと違和感を抱く。

リンの父である前王の遺品を見ていたリンに、闇の声が聞こえる。
お前が母と密通し父を狂わせた!!!リンはそう言ってサンホンに斬りかかる。
サンホンは痛みに耐えつつ、リンの襲撃をかわした。
リンがサンホンを一撃しそうになると、ムソクが間一髪サンホンを救った。

ムソクは、リンに何をしているのかと叫ぶ。
どけー!邪魔をする奴は許さん!リンはムソクに斬りかかる。
トハがリンはどうしてしまったのかと心配する。
サンホンはリンに悪霊が憑りついていることに気付き、お札を使うようムソクに投げた。
鬼神よ!去れーーー!!!ムソクはお札斬りをした。

リンの体から悪霊が去った。
気を失うリン。

宿に運ばれたリンだったが、リンは目を覚まさない。
サンホンは抑鬼の仕業であれば意識を取り戻させることは難しいと言う。
リンの背に呪文を書くと、針を打つ。

夢の中で抑鬼と闘うリン。だが勝てない。
トハは何か治療法はないのかと聞く。
一つだけ最後の方法があると言うサンホン。

サンホンは、トハを信じて待つしかないと言う。
ムソクたちは部屋の外で待っている。ランはリンを見守る。

最後の方法…マゴの巫女にしかできない、千年花を浄化して蘇らせる手段だった。
トハは祈りに専念していた。
トハは千年花を蘇らせた。そしてリンが助かった。

目を覚ましたリン。
リンはトハに、助けてくれたのかありがとう。

と口づけをしたのだったが…

 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-夜警日誌-全話一覧はこちら
 

【スポンサード リンク】

 

夜警日誌15話   夜警日誌17話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ