夜警日誌-あらすじ全話!17話

韓国ドラマ-夜警日誌-あらすじ全話!17話
夜警日誌

韓国ドラマ-夜警日誌-あらすじ全話の17話の
ネタバレです!
また久々の更新となってしまいました!!汗
前回のお話がうろ覚えになってしまったのですが…
リンに闇の声が襲い掛かり、一時気を狂わしてしまったところは
驚きでした!
サンホンに襲いかかってしまうリンを止めるムソク…
そして、リンの心を支配しようとする邪鬼と戦い続け
トハが千年花でリンを助ける!!
ではお楽しみください♪

【スポンサード リンク】

 

韓国ドラマ-夜警日誌-あらすじ

~第17話~

トハの祈りによって浄化された千年花。
リンは、その千年花によって助かった。

ムソクは、問題は抑鬼だと言う。
抑鬼を封印するには四方を塞ぐ必要があると言う。
サンホンは、私の出番だと言う。
サンホンが再び鬼神を倒すようなことがあれば、サンホンの命が絶たれてしまう。
トハは、サンホンが鬼神と対決することを止めた。

俺がやるよ!名乗り出たのはサゴンだった。
サゴンは自分も夜警軍だったと言い。
もう一度夜警軍の資料を確認したと言う。
武器を用意しておくと言うサゴンに、サンホンは感謝を述べた。
夜警軍にやっと参入することを決めたサゴンのことを、皆は喜んだ。

サダムの味方に付くと見せかけたリン。
サンホンに目隠しをするとサダムのもとへ連れて行く。
サダムは、こやつには強い気を感じると言って、役に立つと言った。
サンホンの目隠しを外し、気を奪おうとして肩にてをやるサダム。
意識が遠のくふりをしたサンホンが、汚い手をどけろと自分の縄をほどく。
すかさず、リンがサダムに刀を突きつけた。

騙したのかと言うサダム。
私がお前に付くと思うのは浅はかだとリンが言う。
サダムの怒りの念にサンホンの胸の傷が痛みだす。
サダムはその隙を見て逃げ去った。
夜警軍はサダムを追った。サダムは抑鬼を呼び出した。
夜警軍は四方を囲み気を送る。抑鬼は苦しみだした。
抑鬼にお札を放つと夜警軍四人はお札斬りをした。
トハの鞭で捕えた抑鬼を斬って退治したムソク。

サンホンの身をサゴンに任せ、サダムを追うリンたち。
サダムは手下のホジョを呼ぶが道を塞がれる。
私を殺せると思うか?とサダム。
さぁ、やってみないとなと、リン。

リンの指示でムソクがサダムに向けお札をまいた。
まいたお札に手裏剣を投げつけ攻撃する。
攻撃をよけるサダムの胸に手裏剣と共にお札が突き刺さる。

ムソクが気で攻撃すると、サダムの顔色に変化が。
だが、胸に刺さったお札を抜き取って、燃やしてしまうサダム。

鞭で応戦するトハはサダムの攻撃を受けそうになると、リンがトハを守った。
そんなリンがサダムの攻撃に遭う。
ムソクがサダムに攻撃するが、邪気を使われムソクは跳ね飛ばされてしまう。
サダムはムソクが落とした刀でムソクにねじりよる。
動けないムソク。
ムソクをかばうトハをサダムは攻撃する。
絶体絶命である!!!

するとその時、トハの腕輪の鈴が光を放つ。
サダムはその光を見て、白目を剥いて崩れそうになった。
だが、すぐに復活したサダムはトハに斬りかかる。
そこへムソクが回復、サダムに向かう。
素手で剣を掴むとサダムを刀で羽交い絞めにした。
今だ!ムソクの指示でリンがサダムの心臓目掛け剣を刺す。

サダムは死に、干からびていく。
リンは、これで終わったと言った。
サンホンは、まだ終わっていないと言う。
サダムは12年前の白頭山の闘いから生き返ったという。
サンホンはサダムを確実に始末しなければと言った。

夜警軍はサダムの亡骸を燃やした。
すると、サンホンが言った通り、サダムは再び動き出した。
起き上がったサダムにムソクが手裏剣を眉間目掛けて投げつける。
サダムの体は燃えて尽きていった。

残されたサダムの杖は、お札を貼って魔封じをした。
サンホンは、然るべき日(7月15日)に処分することを決めた。

サダムを退治した夜警軍は、酒を飲み祝っている。
リンがムソクに酒をすすめるが、龍神を消すまでは安心してはいけないと言う。
リンは、面白くないやつだと言って嘆き、踊りを踊って祝っている。

ムソクは、サダムが簡単に死んだと気にしている。
だが、サンホンはサダムは二度と蘇らないと言う。
ムソクは納得がいかない様子だ。

一方、サダムの手下であるホジョが、燃えたサダムの遺体の中からムソクの手裏剣を拾っていた。

翌朝になり。
リンはキサンにサダムを殺したことを報告した。
キサンは、冗談を言っているのか?と大笑いする。
そこに現れた死んだはずのサダム。

驚愕するリン。
お前は昨晩死んだはずでは…とリン。
サダムは夜警軍の力を試しただけだと言う。
人間に自分は殺せないのだという。
無駄なことはしないで私の側に付くようにと言うサダムに、リンは必ずやお前と龍神を倒してみせると凄んだ。

リンは、サダムが生きていたことをサンホンたちに報告した。
リンはサダムが不死身だと言う。
サンホンはこの世に不死身は無いと言う。
何かの術を使ったはずだと言う。
古くからある秘策に偽物を造る術があるのだという。
サンホンたちは調べを始める。

その頃、サダムはやはりその術を使い、トハの偽物を造り上げていた。

サダムの様子を偵察するため霊の三人は梅蘭房にやって来た。
領相を見つけた霊の左相は、無実の人を殺した領相は地獄に落ちると襲いかかった。
霊は人には触れないため、何の手出しもできない左相。
霊のソン内官は、疲れるだけだからやめなさいと左相に忠告するが
霊の左相は憎き領相の頬をつねった…すると霊の左相は領相の頬をつかめてしまった!
逆に驚いてしまう霊の左相。
領相にもおかしな気配が感じ取れた様子だ。

千年花の力によって元に戻ったリンをトハと霊のリンは心配していた。
リンは心配ないと言う。
そこへスリョンがリンのためにと薬を持って訪ねて来た。
リンはなぜなのかと問う。
スリョンは力になってほしいとリンが言ったことをお忘れですか?と言う。
リンは悪霊に操られていた時のことを思い出す。
あれは本心ではなかったと言うリン。
スリョンは自分の心を弄んだと、ショックを受ける。
リンは、スリョンがさらに傷つかないようにと真実を伝えると言って謝った。
スリョンはトハの姿を見ると、リンの屋敷の前で泣き崩れていた。
ムソクはそんなスリョンを見て心配する。

一方、キサンに脅されている領相は、部下に何かを命令していた。

そんななか、塔の建設現場を視察に訪れたキサン。
完成を急げと命令するキサンは、民が苦しんでいると伝えるリンの言葉を聞き入れない。
その側でムソクが王を警護している。
一方、領相の合図によって大きな岩がキサンめがけ落下してきた。
ムソクは身を挺し王を助けた。

王は気を失った。
ムソクは周りを確認する。
領相の不審な態度に気付くムソク。

キサンは怪我もなく無事だった。
事故だったと聞いたキサンは、心配する大妃に自分の命を狙ったのは誰だと言い放つ。
そこへキサンの幻が現れると、今が王の威厳を見せる時だとキサンをそそのかす。
キサンは、自分の命を狙った犯人探しに塔の建設に関わる労働者たちを痛めつけるのだった。

ムソクは、領相に目をつけ領相に付く部下を尾行した。
部下は、領相に協力した人間を口封じに殺していた。

キサンは酒を飲んで自分を落ち着かせている。
サダムを呼ぼうとするキサンに、またキサンの幻が現れる。
キサンの幻は、何かあるとすぐサダムを呼びつけるのでは王は務まらないと言ってキサンの体を乗っ取った。
長い時間待ったのだからお前も待つんだなと言いながら…

キサンは自分を殺そうとする陰謀があったとサダムに話す。
サダムはそれならば、殺そうとしたものを捕まえて塔の人柱にしたらいいと王をそそのかす。
生き埋めにされようとする中に、偵察に来ていたサゴンの姿があった。

王は早く人柱を造って塔を完成させるよう命令する。
そんなキサンに、王の民にどうしてこのようなことを!と止めるリン。
キサンは、余のため王室のための塔である!名誉なことだ!と激高する。
そしてキサンはリンを先に殺してやると、護衛を務めたムソクの剣を抜き、リンに振りかざした。
ムソクは咄嗟にリンをかばった。

キサンはムソクがリンの忠犬になったのかと憤りムソクの胸に刀の先を当てた。
ムソクは、自分の忠誠に嘘は無いと言い、間違った王命ならば殿下を聖君に導くことが忠臣だと思うと伝えた。
キサンは、刀に力を加えた。
ムソクの胸から血が滲む…
だがムソクは気迫で王へ真っ向に向かい、微動だにしない。王は刀を収めた。
リンがムソクに駆け寄る。
サダムはムソクを憎しみの目で見ている。

幸い傷の浅かったムソクはトハの宿で手当てをし、話をしている。
ムソクは殿下が変わってしまったことに心が痛いと言う。

一方、スリョンはサダムを訪ねる。以前、リンの心が欲しいと申し出た取引の確認をするスリョン。
スリョンは取引を確定させた。
そこへ呼ばれて出てきたのは、偽物のトハ。
サダムは偽物のトハに何か呟くと、偽トハはスリョンの手に口づけをした。
これでリンの心が手に入ると言う。

そんななか、黒装束に身を包むリン、ムソク、サンホン。
塔の建設現場に向かった。
護衛の武官との争いでムソクが持つ羅針盤にはヒビが入っ入ってしまった。
三人は人柱になるところだったサゴンたちを助け出した。

トハはスリョンに呼び出され、出された睡眠薬入りのお茶を飲んで眠ってしまうトハ。
戻ったリンたちはトハがいないことに気付く。
ここです!ご無事でなによりと出て来た偽トハ。

ヒビの入った羅針盤を見ているムソクに偽トハが話しかける。
羅針盤が壊れたのでどうしようかと…と言うムソクに、鬼神が見えないのに大変なことになりましたねと
ムソクの手を撫でて誘惑する偽トハ。
何をする!と言うムソクに、私が側について目の代わりをしますと言う偽トハ。
戸惑うムソク。

薬によって眠らされていたトハは、目を覚ました。
トハは鍵を掛けられ閉じ込められていた。

スリョンは偽トハに、トハとリンを別れさせよ!と命令する。

目隠しをしながら剣の稽古に励んでいたムソク。
ムソクに側まで近づいた偽トハ。
斬ってしまいそうな寸前で剣を止めたムソク。
もう少しで斬ってしまうところだった。というムソク。
偽トハは副護官(ムソク)になら怪我をしても後悔しませんと言う。

偽トハはムソクに抱きつき、なぜ私の気持ちがわからないのかと言う。
ムソクは偽トハを離し、やめてくれと言う。
再び抱きつき、自分は副護官(ムソク)を慕っていると伝える偽トハ。
そこへ来たリン。
何をしているのかと言うリンに、ムソクは動揺し誤解だと慌てる。

どうしたんですか?そこにトハの声が。
そこに居る自分にそっくりな偽物のトハに驚くトハ。
二人のトハに、リンとムソクも驚いているのだが…

 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-夜警日誌-全話一覧はこちら
 

【スポンサード リンク】

 

夜警日誌16話   夜警日誌18話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ