夜警日誌-あらすじ全話!20話

韓国ドラマ-夜警日誌-あらすじ全話!20話
夜警日誌

韓国ドラマ-夜警日誌-あらすじ全話の20話の
ネタバレです!
なんと、絵の中にまで封じ込めてしまえるサダム!!
すごい!と関心してしまいました!
そして絵の中に入り込むことができるリン。
もう完全にSF!!
現実身をここまでなくしてしまうのはありなのかとも
感じてしまうのですが…
それより、トハの姉ヨンハが亡くなってしまいましたね…
トハはとても悲しそうですね。
ではお楽しみください♪

【スポンサード リンク】

 

韓国ドラマ-夜警日誌-あらすじ

~第20話~

謀反を起こした領相。
リンたちは忍び込む。
ムソクは、王と王室を守るため、王のもとへ行くと言う。
リンがムソクを止める。

ムソクは王を守る責務があると言う。
リンは、ムソクの考えはわかるが、まず大妃の意向を聞こうと言う。

大妃と領相が話をしている。
大妃が、中宮が遺した血の遺言書を見たと領相に伝えた。
領相は、大妃の指示でしたと言うと、大妃は指示をしたことを認めた。
だが中宮を殺して濡れ衣を着せたのは領相だと言う。
領相は、自分は憂慮しただけだと言う。
そして大妃に王印を渡すよう言う。
王印は王の象徴とされるものである。
大妃は王印は王室のものだとそれを許さない。領相は国政に必要だと凄む。
王印なしには実権が持てないのだ。

王印を渡さない大妃。
領相は、王印さえあれば大妃には用は無いと王印を探すよう指示をする。
そして領相はリンの企みを調べるよう命令をした。

一方、掛け軸のトハが居なくなっていることに気付いたサダム。
リンが助けに来たことを察し激高する。
サダムは領相の命令によって連行された。
領相はサダムが誰の味方なのかと問う。
サダムは、謀反を起こし力を誇示する領相に
塔の建設が実現すれば望むものは無いと言い、朝鮮の権力は領相のものだと言った。
そして、まずリンを始末し、次には王を始末するよう願い出た。

そんななか、キサンを乗っ取ったままのキサンの幻は、領相に対し動揺していた。
本物のキサンは、リンが領相を使って謀反を起こしたと言い。
幼き頃からの思いをお前に復讐したんだと言う。
王の威厳を見せたお前も結局は何も出来なかったと言う。

そこへサダムが現れる。
領相は自分を殺すのだろうかと聞くサダム。
キサンは王印が無ければ手出しは出来ないと言う。
サダムは王印のある場所を聞く。
キサンは王印は大妃が持つと答える。

サダムの手下ホジュが、どちらに付くのかとサダムに聞いた。
このまま行けば領相は倒れる、龍神が昇天する時は全て死ぬと言い
それまで潰し合いをさせておけばいいと言うサダム。
そんなことより、マゴの巫女を早く探せと命じるサダム。

そんななか、領相に憑りつくたくさんの霊たち。

一方、夜警団の部屋にて、リンは領相とサダムが手を組むと龍神の昇天を止められないと言う。
霊のソン内官は、龍神の昇天で全ての霊が蘇ると言う。

そんななか、サンホンが霊のソン内官と左相をもてなすと、喜ぶ二人。
宿の女主人オクメは、サンホンの味方であれば人間も幽霊ももてなしてくれるのだ。

一方、リンがトハの怪我を心配する。
腕を擦っただけだと言うトハの手を取ろうとするリン。
トハは、大丈夫ですと、手を引き込める。
リンは、トハに帰れと言ったことを、どんなに悲しかっただろうと言った。
トハは、自分を心配してそう言ってくれたことをわかっていると言う。
トハは、リンの事を最初は傲慢だと思っていたが
一緒にいるうち寂しい人だと思うようになり心を寄せてしまったと打ち明けた。
自分に出来ることは去って行くことだと言うトハ。

リンのために何かできると嬉しいと伝え、去って行く。
そんなトハを後ろから抱きしめ、自分の側にいれば危険だ。
去らねばいけないことも分かっている、だが心が言う事を聞かない。
命にかえてもトハを守る、側にいろとトハに伝えたリン。

一方、朝議の場では領相が自分が摂政になると宣言した。
大臣たちは大妃の意向を確認したいと攻め寄った。
領相は大臣たちを武力で制圧した。

キサンのもとに出向いたリン。
キサンは殺されるかもしれない自分に不安が募っていた。
リンは、自分とムソクが王を守りますと伝えた。キサンは喜んだ。
だが突然、キサンは豹変した。
お前らが王の座を奪うため、領相を使って謀反を起こしたのではないか!
困惑するリン。
リンは大妃に会おうとするも、領相の命令によって大妃に会うことが許されない。

マゴの巫女を見つけられないサダム。
サダムはリンに、あの娘はリンの助けにはならないと言う。
トハを渡してくれれば、自分がリンの力になって領相を退かせると言い寄った。
この国を守るのか、はたまた一人の女性を守るのか…と言うサダム。
リンはその提案を受け入れない。

一方、スリョンは領相である父に出向き
父がすることは自分に関係ないことだがリンに危害を加えたら親子の縁を切ると伝えた。
領相は、スリョンの態度によってリンに危険が及ぶと怒り付けた。

大妃を訪ねたスリョンは、父の事を謝罪した。
自分は父の考えとは違うと伝え、リンへの伝言を橋渡しをすると言う。

悩んでいる様子のリン。
ランは、幼い頃からリンには悩み事が多いと言う。
トハが、リンがくれた前王の形見である腕帯を見つめている。
ランは、リンがくれたのね?リンを守ってね!と言った。
ランが言う言葉から察し、トハはランがリンの母だと気付く。

リンを訪ねたスリョン。
大妃からの伝言だと言って、今夜門を開けておくから来るように伝えた。
スリョンは、里に帰っていないトハを見かけると怒りをぶつけた。
トハは、帰るつもりだったがリンのためにならないことに気付いたと言った。

一方、サンホンは壊れた羅針盤をムソクに渡す。
サンホンはムソクに宮殿のことが心配かと聞いた。
ムソクは、王を守ることが出来ないのは辛いことだと言う。
宮殿に何があろうと夜警団が出る幕ではないと言うサンホン。
そこへ王からムソクに蜜書が届く。

”ムソク、領相が謀反を起こした。
 領相は余を殺すであろう。辛い毎日だ。
 余の忠臣はムソクだけだ。余を守ってくれ。”

サンホンはムソクを止める。
夜警軍は民と王室を守るものだ。
夜警軍は政治に関わってはいけない。
それが規則だと、ムソクに伝えるサンホン。
ムソクは、剣と羅針盤を置くと、自分は夜警団ではなく王の臣下として責務を果たすと言い王のもとへ向かった。

女官の協力によって大妃と会ったリン。
大妃はリンの事が心配だと言い、リンがスリョンと結婚すれば領相はリンと王室を守るだろうと言う。
リンは、母を殺した領相が自分の命を守るとしても、死んでいるのと同じだと言う。
大妃は、自分の犯した過ちは大きいと言う。
リンは、自分がおばあ様を守り、国と王室を守ると言った。

大妃は、この指輪がリンを守るだろうと言って自身の指輪を託した。
大妃の指輪をもらうものは大妃が認めた証である。
そこへ領相が現れ、大妃に王印を渡すよう言う。
大妃は、領相を追い返す。
リンは領相に憑りつく霊たちを見る。

そんななか、トハは置いてあるムソクの武器を見た。
サンホンは、ムソクが夜警軍を辞め王の臣下の道を進んだことを伝える。

ムソクは、宮殿の領相のもとへと向かった。
ムソクは領相に、王と争うものは叔父上だろうと許さないと言い放つ。
領相は、自分が摂政することは王の意志であると言う。
ムソクは、直接確かめましょうと、王のもとへ向かう。
だが、これは罠だった。

ムソクは、弓隊や武官たちに囲まれてしまう。
ここは殿下のいる場所だと言って、軍を引き上げるよう言うムソク。
そうしなければ、全員を斬ると言うムソクに、領相は王命だと言って
剣をおくようムソクを諫める。
王命が偽りであればどうすると言うムソク。
領相は全てが王命だと言う。
殿下に会うまで信じないと言うムソク。

ムソク!剣をおけ。王命だ。早く剣をおけ。
なんとキサンが現れた。
ムソクは目を疑った。殿下…なぜ…

キサンは、領相がリンを差し出せば余の命を助けると言ったと言う。
領相に剣を向けるムソクに、キサンは忠誠を見せて命を捨てろ、余を助けろ!と言い放つ。
ムソクは王キサンを真っ直ぐな目で見ている。
王はムソクから顔をそむけた。脱力するムソク。
領相の合図によってムソクの背に刀が入る。

そんななか、霊のソン内官が、ムソクが一人宮殿に向かったとリンとトハに報告する。

ムソクに背に再び刀が入る。
ムソクの体に剣が貫かれた。
悲しく王を見ながらムソクは崩れ落ちた…

霊の左相は、王を睨み付けると立ち去った。

駆けつけたリンたち。
ムソクの遺体に、ムソクーー!駄目だーー!リンたちは泣きわめく。
その時、霊の左相がまだムソクから魂が出ていないと言う。
生き返る可能性があると言う。

宿の部屋にて、サンホンがムソクを見る。
サンホンはムソクには生き返る望みがないと言う。
全てはムソクの意思次第だと言う。
リンはムソクに必ず生きろと語り掛ける。
リンは、領相に悪鬼が憑いているのを見たと言う。
その悪鬼がムソクを殺させたという。
サンホンは、それは悪鬼が憑りついたのではないと言う。
人間の欲が悪鬼になったものであるため四寅斬邪剣は使えないと言うサンホン。

王座に着き高笑いする領相に、霊の左相は憤る。

領相はサダムに、魔物が見えるようにしてほしいと願い出た。
力を尽くすと言うサダム。

サンホンは領相の欲を消すことは出来ないが鬼気を退治すると言う。
サンホンはリンに針を渡す。
針を刺すため領相の近くに行かなければならない、リンには秘策があるという。

一方、スリョンはサダムにリンを助けるよう頼んだ。
サダムは対価を要求する。

リンはスリョンに協力を願い出た。
スリョンは危険だと言って断る。
国と王室そして、領相のためだと説得するリン。

ムソクを見守って必ず生き残るようにと願うサンホン。
だがムソクは力尽きてしまう。

一方、サダムが領相に鬼神が見えるようになる術を施している。
そこへスリョンが訪ねる。何かあればお札を剥がすよう領相に伝えサダムは部屋を出た。
領相一人の部屋にリンが忍び込む。
リンは領相に針を投げつける。

領相から鬼気が出て行く。
だが領相はリンに刀を向けた。
その時トハの鞭が領相の手を止めた!
どうして来たんだ!と言うリン。
心配で来たと言うトハは、早く針を!と促した。
針によって領相から悪鬼が出て行く。
あともう少しのところで領相はお札を剥がしてしまった。

結界に飛ばされてしまったリン、トハそして領相。
最後の針を打ちたいのだが、領相は逃げて行く。
リンとトハの前には亡霊たちが立ちふさがる。
トハは、ここを自分に任せて領相を追うよう言う。

リンの前にサダムが現れた。
サダムはお札を燃やし、分身の術を使った。
その中の一人を斬ったリンは現実の世界に戻った。
軍に取り囲まれるリン。トハが捕えられていた。
リンは観念し刀を捨てた。
トハをどうする気だ!と言うリン。
サダムはマゴの巫女を保護すると言う。

そこへスリョンが現れ、何をするんです!トハを差し出せばリンを助ける約束です!
リンを解放してください!と叫ぶ。
サダムは自分の意志ではないと言う。

私の意志だ!
現れたのは領相。さがれ!例え娘でも容赦はせぬ!王が捨てた民を救い、この私が王である!
そうはさせない!!私が止めて見せる!!と、リンは宣言するのだったが…

 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-夜警日誌-全話一覧はこちら
 

【スポンサード リンク】

 

夜警日誌19話   夜警日誌21話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ