夜警日誌-あらすじ全話!6話

韓国ドラマ-夜警日誌-あらすじ全話!6話
夜警日誌

韓国ドラマ-夜警日誌-あらすじ全話の6話の
ネタバレです!
リンが試験管になり、10年頭痛に苦しむ患者を
助ければ合格…
という試験が始まり、見事頭痛の原因を突き止めたトハ。
でも結果は不合格…
トハは不満を漏らしますが、リンは認めないんですよね。
トハが、亥の時の巫女だと知ったサダムは目の色が変わる!怖い!
そして、このことがきっかけで、幽霊が見えることがサダムにも
キサンにもバレてしまったリンは、ちょっとやばい。
呪いをかけたとか勝手な噂を押し付けられ、周りは大騒動。
リン自体はそこまで危機感持ってなさそうですが。
ではお楽しみください♪

【スポンサード リンク】

 

韓国ドラマ-夜警日誌-あらすじ

~第6話~

リンが王に呪いをかけたという罪に、鬼神などを信じない領相は悩んでいる。
そして領相はサダムに敵意を表すのだった。
領相が幽閉されているリンのもとへ向かおうとするが甥のムソクはそれを阻止する。
王命だと言うムソクに、真っ直ぐすぎるムソクの性格を危惧するのだった。

離宮に幽閉されているリンのもとへ向かうムソク。
こんな時にも食欲のある呑気なリンにムソクは呆れてしまう。

戻らなかったリンを心配している霊の三人。
通りすがったトハもまたリンが帰らないと困ると言っている。
霊の三人に何があったのかと聞かれたトハは、捕えられているリンのことを説明した。
霊である自分たちの質問に答えてくれたトハに驚いてしまう霊三人。

リンの屋敷からは藁人形と、そしてトハの腕輪が見つかる。
スリョンがリンの屋敷に駆けつける。
リンに関わる者は全て捕まえるよう命令を受けた武官によってスリョンが捕まってしまう。
だがそれをトハが上手くかわして助けるのだった。
スリョンからリンが呪いをかけたという理由で幽閉されていることをきいたトハ。
スリョンはどうしてリンを知っているのかとトハに問う。
腕輪のことを説明するトハに対し、たかが腕輪のためにと呆れてしまうスリョン。
そしてスリョンは高価な指輪をトハに渡すと、リンの前にはもう現れないようにと言って傲慢な態度で帰って行く。

そんななか、キサンのもとにはリンの屋敷から見つかった藁人形と腕輪が運ばれる。
藁人形に刻まれるキサンの生年月日。
これはリンが呪いをかけていたことに間違いないと判断されてしまう。

ムソクから呪いの品が出てきたことを聞いたリン。
陰謀だと反論するリンだったがムソクは信用しない様子だ。

一方、トハが滞在する宿では女主人のオクメに宿代を請求される。
トハのスリョンから渡された指輪を見たオクメはこれで3ヶ月と10日は暮らせると言う
この指輪が高価なものだと知るトハ。
この指輪は返さなければというトハにオクメは金を稼いで来いと言い放つ。

トハは町に出て、他人が落とした金を拾ってはお金を稼いだと喜ぶのだった。
だが、金の落とし主に泥棒と言われ殴られてしまう。
怒ったトハはその男を投げ飛ばしてしまうと、通りかかったムソクは顔を腫らしているトハを見る。
トハを捕盗庁に突き出してくれと言う男に、ムソクは捕盗庁に行くのはお前だとトハを助けるのだった。
この金は偽金だったのだ。

そんななか、リンは刺客によって襲われる。
腕を斬られたリンは、たまたま来た武官によって救われた。
領相がキサンのもとに出向き、リンに濡れ衣を着せるだけではなく
刺客まで送り込むなどとはなんて無礼なのかと責め立てる。

そんなことは知らないと怒るキサン。
するとそこへ、リンがいなくなったという知らせが入る。
リンが逃げたということは罪を認めたことになると言うキサン。

山に逃げ込んだリンは負傷していた。
崖から落ちてしまったリン。
ムソクが任務を怠ったとして領相はムソクに解雇を言い渡す。

一方、スリョンに指輪を返しに来たトハ。
その時、屋敷から飛び出してきたスリョン。
トハはスリョンを追って梅蘭房に入って行く。
梅蘭房の女主人ヨンウォルはトハを見ると、幼きトハが蘇る。
だが平然を装うヨンウォル。

スリョンは女主人ヨンウォルに剣を使える人材と、船の手配を願い出る。
そしてヨンウォルが望むものを与えると約束をする。
するとヨンウォルは、朝鮮の薬剤の専売権を求めた。
戸惑うスリョンに民か大君(リン)のどちらかを選べと言うのだった。

梅蘭房に入ってしまったトハは、ここで働く女かのように屏風を持たされ
競売の舞台に立つことになってしまった。
以前トハに恥をかかされた客の悪ふざけによって、屈辱的な言葉が記された屏風を持たされているのだった。
舞台に立っているトハを客は侮辱する。
トハと客が争いになってしまう。
するとヨンウォルはトハをぶち、観衆の前で飛んできた金を拾えと言い放つ。
悔しくて涙をこらえながら金を拾うトハだったが、怒ってその金を投げ捨てる。
出て行くトハはスリョンに指輪を返し

こんな指輪では姉の腕輪は一つも買えないの!と言い立ち去るのだった。

一方、崖に引っかかって身動きの取れないリン。
霊の三人はリンを心配して探しに来ていた。
リンを見つけた霊三人。
リンはソン内官…とここへきて初めて声を掛ける。

霊のソン内官はリンを助けようとするのだが、霊であるためリンに触ることは出来ないのだ。
人を呼びに行くと言って町に出た霊のソン内官。
だが人々には霊のソン内官の声は聞こえない。
そこへ泣きながら歩くトハを見つける。
霊のソン内官はトハを連れてリンのところまでやって来る。
追手の声にトハが追い払うとロープでリンを助け出す。
するとまた追手がやって来た。
霊三人が協力してリンとトハを逃がすのだった。

屋敷に戻ろうとするリンに、それは危険だと言う。
どこにも行くあてがないことを正直に話すリン。
トハは内緒で自分の宿にリンを連れて行くのだった。

リンを助け宿に招いたトハにやはり傲慢なリン。
だが、血が出ていることに気付いたトハはムソクがくれた薬をぬってあげようとする。
ムソクがくれた薬だと知ったリンは薬を放り投げて割ってしまいトハに出て行けと怒鳴る。
腹が立って外に出たトハを見つけたサンホンがトハに声を掛けるのだったが…

 

【スポンサード リンク】

 
韓国ドラマ-夜警日誌-全話一覧はこちら
 

【スポンサード リンク】

 

夜警日誌5話   夜警日誌7話


関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ